シム王様が格安SIMをわかりやすく解説

SIMキング

LINEモバイル 大手キャリアと格安SIMの比較

auからLINEモバイルに乗り換えたらどれくらい安くなるの?

投稿日:2017年3月20日 更新日:

LINEモバイルはドコモ回線を利用しているため、auで購入したスマートフォンをそのまま利用するにはSIMロック解除をする必要がありますが、SIMロック解除をするだけで今利用しているスマートフォンのまま乗り換え月々の使用料を大幅に節約できます。

※通信方式の違い、またはSIMロック解除に対応していない機種も存在するため全ての機種が利用できるわけではありません

また、LINEモバイルにはLINEなどの人気のSNSアプリがカウントフリーになり、使い放題となることからこれらのアプリを頻繁に利用している方であれば少ないデータ容量で利用できるため、さらにスマートフォン代を節約することができます。

 

auはかけ放題の加入は必須ではないが、かけ放題加入が最安のプランになっている

auにはかけ放題プランではないLTEプランと5分かけ放題、無制限かけ放題がの3つの通話プランがあり、ドコモのようにかけ放題の加入が必須ではありません。

しかしLTEプランではセットで加入するデータプランが7GBしか選択できないため、トータルの価格ではかけ放題オプションよりも高くなってしまいます。

プラン名 通話料 料金
LTEプラン 1時~21時:無料
21時~翌1時:30秒/20円
934円
スーパーカケホ 5分以内無料:5分以降30秒20円 1,700円
カケホ 通話無料 2,700円

 

ネコ王子
LTEプランってせっかく安いのに7GBしか選べないんだ。意味ないじゃん。
シム王様
そうじゃな。なので実質auもドコモと同じように、かけ放題の加入は必須ということじゃな。
ネコ王子
ほんとドコモもauもそのやり口どうにかならんもんかね!
シム王様
プラン選択の自由性が無いと感じている人も多いだろうな。

ただ今は格安SIMも出てきてかけ放題はオプションになっていて、必要な人だけ申し込めるようになっているからそういう人は格安SIMに乗り換えた方がいいってことじゃ。

 

auとLINEモバイルの価格を比較してみると

それではauの各プランとLINEモバイルのコミュニケーションフリープランでの比較をしてみたいと思います。

データ容量 LTEプラン スーパーカケホ カケホ LINEモバイル
1GB - 4,900円 - -
2GB - - 6,500円 -
3GB - 6,200円 7,200円 1,690円
5GB - 7,000円 8,000円 2,220円
7GB 6,934円 - - 2,880円
8GB - 8,700円 9,700円 -
10GB - 10,000円 11,000円 3,220円
13GB - 11,800円 12,800円 -
20GB - 8,000円 9,000円 -
30GB - 10,000円 11,000円 -

※8GB、10GB、13GBは20GB、30GBの大容量プランが開始されたため、2016年9月14日より新規受付は終了しました。

ネコ王子
えっ?LINEモバイルで一番高い10GBプランの方がauで一番安いスーパーカケホの4,900円より安いってどういうこと?
シム王様
それだけauは高いということじゃな。

ただしLINEモバイルのこの価格にはかけ放題プランが付いていないのでさらに安くなっているというのはあるが…

 

5GBプランで比較すると4,780円安くなる

auで5分かけ放題のスーパーカケホ、5GBプランで契約している方であれば月々4,780円節約することができます。

 

シム王様
LINEモバイルのこのプランにはかけ放題がプラスされていない価格になっているが、LINEモバイルはLINEの無料通話やビデオ通話でどれだけ通話しても無料という特徴があるから、友だちや家族同士の通話には困ることはないだろうな。

 

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランとは

コミュニケーションフリープランは、LINE・Twitter・Facebook・InstagramのSNSアプリがカウントフリーとなり、どれだけこれらのアプリを利用してもデータを消費しないため使い放題になります。

そのため友だちと連絡を取る際にLINEの無料通話を使えば一切通話料やデータ通信料も発生しないため、さらにスマートフォン代を節約することができます。

 

シム王様
LINEモバイルの特徴は人気のSNSアプリがカウントフリーになることじゃ。

これが人気で今LINEモバイルの加入者がどんどん増えているぞ。

ネコ王子
そっか、長電話する人ってみんなLINEで繋がってるから、もうかけ放題とかいらないよなぁ~

 

LINEモバイルは混み合う時間帯でも安定した速度が出ている

格安SIMの最大のデメリットは平日のお昼や通勤通学の時間帯になると極端に通信速度が遅くなり、サイトの表示に時間がかかり、動画を見る際も止まってしまう事があるという点です。

しかしLINEモバイルは通信速度の安定化には力を入れていて、他社の格安SIMと比較しても常に安定した速度を保っています。

 

LINEモバイルの通信速度結果

時間 ダウンロード(単位Mbps) アップロード(単位Mbps)
8時 7.17 5.54
10時 51.80 16.27
12時 8.17 11.68
13時 16.20 12.01
15時 23.26 35.81
17時 15.08 3.68
18時 4.62 3.53
19時 7.75 2.11
20時 5.99 2.57
21時 7.87 4.21
22時 8.01 5.11

auの場合はどの時間帯でも常に10~30Mbps台となりますが、LINEモバイルは5Mbpsを切る時間帯もあります。

しかしサイトの表示やYouTubeなどの動画を見る際には3Mbps程度速度が出ていれば問題なく見ることができるため、使用感はauを利用しているときと全く変わりはありません。

 

シム王様
YouTubeを見るのも3Mbpsあれば十分なので、これくらいの速度が出ていればauのときと体感ではほとんど変わらずに使えるぞ。
ネコ王子
そうなんだ。速ければ速いほど使いやすくなるって言うわけじゃないんだ。

 

auから乗り換えてできなくなること

もしauからLINEモバイルに乗り換えた場合、月々のスマートフォン代を大幅に節約できたり、LINEなどのSNSアプリが使い放題になるというメリットがありますが、以下のようなデメリットもあります。

もしこれらのデメリットが困る場合は乗り換えはおすすめしません。

 

デメリット1:@ezweb.ne.jpのメールアドレスが利用できなくなる

@ezweb.ne.jpはauを解約してしまうと利用できなくなります。そのためこのアドレスであらゆるサービスに登録している場合はアドレスの変更依頼をする必要があります。

もちろんこのアドレスでやり取りをしている場合はアドレスが変わったことをお知らせする必要もあります。

LINEモバイルにはLINEモバイル専用のアドレスはないため、基本的にメインで利用するアドレスはGmailになります。

 

シム王様
友だちとのやり取りはLINE、そしてすでにGmailを使っているという人からするとこれは全くデメリットではないな。

 

デメリット2:キャリア決済が利用できなくなる

ゲームの課金、ショッピングなどでの支払い時に、スマートフォンではクレジットカードやキャリア決済が選択できますが、auを解約するとキャリア決済ができなくなり、基本的にクレジットカードでの決済になります。

ただし、ゲームの課金やアプリの購入などはGooglePlayカードやiTunesカードをコンビニなどで購入して支払いすることも可能です。

ネコ王子
キャリア決済って何ですか?
シム王様
アプリの課金や買い物のときにauの料金と一緒に請求してくれるサービスじゃな。

キャリア決済を使うことによってクレジットカードを登録してなくても簡単に決済ができるという仕組みじゃ。

 

デメリット3:気軽にわからないことを聞けなくなる

auショップは全国各地にたくさん出店されているため、わからないことがあればショップに行って気軽に質問することができます。

しかしLINEモバイルはauショップのように店舗がたくさんあるわけではないため、基本的にわからないことは電話、メール、LINEで質問することになります。

 

シム王様
使い方がわからないから教えてって今までauショップにしょっちゅう行ってた人はそれができなくなるぞ。
ネコ王子
なるほど、それは少し困るな。
シム王様
LINEモバイルはサポートもしっかりしているが、基本は電話やメールでの質問になるから、ショップに聞きに行けないというのが困る場合は乗り換えはやめた方がいいということじゃ。

 

関連記事

LINEモバイルのサポートはどうなってるの?メール・電話・LINEで問い合わせできます

 

デメリット4:大容量プランが選択できない

auには20GB、30GBの大容量プランがありますが、LINEモバイルは最大容量が10GBとなっているため最低でも20GBは必要という方には向きません。

 

シム王様
LINEモバイルはSNSアプリが使い放題になるから、カウントフリー対象となっているSNSを頻繁に使っていた結果たくさんのデータを必要としていた人なら、20GBも必要ないだろうな。
ネコ王子
カウントフリーのおかげでデータを今までより使わなくなるから、もっと安いプランにすることもできるのか!

 

最後に

auからLINEモバイルに乗換えるとできなくなることを紹介しましたが、これらのできなくなることがデメリットに感じないようであれば、LINEモバイルに乗り換えはメリットしかありません。

月々4,000~5,000円スマホ代を節約できるというメリットは非常に大きく、解約手数料9,500円が必要になったとしても2~3ヶ月ほどですぐに取り戻せ、それからずっと安くスマホを利用することができるため、解約手数料が発生しない月まで待つよりもすぐにでも乗り換えた方がお得です。

 

シム王様
これだけ安くスマホが使えるようになっているのに、そのまま高いスマホ代を支払っているというのはそれだけ損をしていることになるからな。
ネコ王子
損してるの?
シム王様
ケータイ代1万円というのが昔からずっと続いているから、それが当たり前になってしまって損をしているという感覚にはなりづらいが、すでに格安SIMに乗り換えた人からすると、今の時代になんでそんな高いスマホ代払ってるの?損してない?って思われているだろうな。
ネコ王子
まじで!?

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

LINEモバイルって実際どうなの?特徴、価格、カウントフリーなどを徹底解説

実際に使ったからこそわかったLINEモバイルの5つのよかった点

auからMNPを利用してLINEモバイルに乗り換える方法

おすすめSIMランキング

格安SIMが安いのはわかるけど、たくさんありすぎてどこがいいのかわからない…

そんなアナタのために、おすすめの格安SIMを紹介します。

1位:LINEモバイル

LINE・Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSアプリがカウントフリー(無制限)で利用でき、

カウントフリー対象のアプリは、通信速度制限がかかっても高速で利用可能。

2位:mineo(マイネオ)

コミュニティサイト「マイネ王」でわからないことを質問したり、

フリータンクで毎月1GBデータを無料でもらえたりなど独自のサービスで人気の格安SIM

3位:IIJmio

安定の回線とコスパの良さで顧客満足度No.1の格安SIM

 

-LINEモバイル, 大手キャリアと格安SIMの比較
-

Copyright© SIMキング , 2017 AllRights Reserved.