LINEモバイル オススメ格安SIM

LINEモバイルを徹底解説!実際に使ってみた結果と特徴、価格、データフリーや評判を紹介

更新日:

LINEモバイル

LINEやTwitterなどのSNSをたくさん利用している方はLINEモバイルを検討しないのはもったいないですよ!

なぜならLINEモバイルはLINE・Facebook・Twitter・Instagram・LINE MUSICなどが使い放題となり、これらのアプリをどれだけ利用しても全くデータを消費しないデータフリーとなっているからです。

LINEに関してはトークはもちろん、画像や動画の送受信、そして音声通話もデータフリーとなり、もしYouTubeなどの動画を見すぎた結果、通信速度制限がかかったとしてもデータフリー対象のアプリには速度制限はありません。

つまり、これらのSNSアプリに関しては常に快適に利用できるというわけです。

シム王様
データフリー対象のアプリには通信速度制限というのが無いんじゃ。
ネコ王子
それ凄い!速度制限がかかったらめっちゃスマホ使いづらくなるのにLINEとかは快適に使えるんだ。

 

LINEやTwitterなどのSNSアプリをたくさん使っている方はもちろん、他社の格安SIMと比べても通信速度が速いという評判もあるLINEモバイルですが、実際に使ってみた感想も交えながら紹介していきたいと思います。

 

もくじ

 

LINEモバイルの特徴

 最低利用期間(データ通信) なし  最低利用期間(音声通信+データ)  1年違約金9,800円
 かけ放題 10分かけ放題(880円)  プラン変更  可能
 契約事務手数料 3,000円 回線 ドコモ・ソフトバンク
 特徴 ・ソフトバンク回線の取扱い開始

・SNSアプリをどれだけ使ってもデータを消費しない(データフリー)

・データフリー対象アプリは通信速度制限がかかっても高速で利用可能

・電話・メールに加え、LINEのトークでもサポートへ問い合わせ可能

・データ残量をLINEで確認できる

・LINEアプリを使って友だちにデータをプレゼントできる

・LINEの年齢認証が可能

・2017年6月20日、通話料半額アプリ、10分かけ放題の提供開始

 

 

データフリー対象一覧

LINEモバイルのデータフリー対象となっているアプリは以下の通りで、プランによってデータフリー対象となるアプリが異なります。

アプリ LINEフリープラン コミュニケーションフリープラン +MUSICプラン
LINE
Twitter ×
Facebook ×
Instagram ×
LINE MUSIC × ×

 

シム王様
これらのアプリはデータを消費しないから、少ないデータ容量で契約しても十分足りるという人も多いじゃろうな
ネコ王子
なるほど、LINEはみんな使ってますからね

 

 

例えば他社で10GBで契約している方が、データフリー対象のアプリでたくさんデータを消費しているようであればLINEモバイルではもっと少ないデータ量で契約することができるため、その分月々のスマホ代を節約することができます。

 

3つのプランを紹介

LINEフリープラン

 データ通信SIM 音声通話SIM
 データフリー  LINE
 1GB 500円 1,200円
 +SMS +120円 無料

LINEフリープランは月額500円から利用できるプランで、LINEのみがデータフリー対象となります。

選択できるデータ容量は1GBのみとなっているため、2台目のスマホやタブレットを格安で利用するプランとして人気です。

ネコ王子
げげっ!ご、ごひゃくえん!?
シム王様
そうじゃ、データ1GBのみで電話が使えないプランの場合では月額500円じゃ
ネコ王子
月に500円でスマホが使えるのか~こりゃ嬉しいなぁ~
シム王様
ただしこのプランでは、データフリーになるのはLINEのみとなるから注意が必要じゃ
ネコ王子
あっそうなんだ。このプランではTwitterとかはデータは消費されるってことか
シム王様
そうじゃな、でも音声通話や画像を送信してもデータフリーとなるから、LINEに関しては使い放題ということになるな
ネコ王子
スマホでLINEしか使ってなければ、1GBあれば十分かも
シム王様
まあ、YouTubeを見ると案外すぐに1GB消費してしまうが、Wi-Fi接続しているときにYouTubeを見るようにすれば1GBでも十分かもしれんな

 

コミュニケーションフリープラン

 データ通信SIM+SMS 音声通話SIM
 データフリー  LINE、Twitter、Facebook、Instagram
 3GB  1,110円 1,690円
 5GB  1,640円 2,220円
 7GB  2,300円 2,880円
 10GB  2,640円 3,220円

コミュニケーションフリープランはLINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータフリー対象となり、データ容量も3~10GBまで選択できます。

現在最も加入者が多いのがコミュニケーションフリープランとなっています。

 

 

シム王様
こちらは、LINEに加えTwitter、Facebook、Instagramがデータフリーとなっておる
ネコ王子
よく使うアプリがこれだったら、3GBで十分だな。3GBプランで音声通話が使えるプランだったら1,690円ってことか
シム王様
そうじゃな、3GBで1,690円というのは他の格安SIMと比べても安いというわけではないが、SNSアプリがデータフリーとなるというのが大きな違いになるな

 

格安SIMの3GBプラン(音声通話SIM)の相場は1,600円となっているため、LINEモバイルは他社と比較しても90円高くなりますが、その分人気のSNSアプリが使い放題になるため、90円高いとは言っても十分魅力的ではないでしょうか。

ネコ王子
なるほど。90円高くても使い放題になるアプリが多いから逆に安いのかもしれないな。

 

MUSIC+プラン

 データ通信SIM+SMS 音声通話SIM
 データフリー  LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC
 3GB  1,810円 2,390円
 5GB  2,140円 2,720円
 7GB  2,700円 3,280円
 10GB  2,940円 3,520円

MUSIC+プランはコミュニケーショフリープランでデータフリー対象となるアプリにさらに「LINE MUSIC」が追加したプランとなります。

シム王様
LINE MUSICとは月額制でオンライン上にある音楽が聴き放題になるサービス(アプリ)じゃ。

これを利用することでわざわざパソコンと接続して曲を入れるという面倒なことをしなくて済むようになるぞ

ネコ王子
それは便利だな。わざわざCDを借りて来る必要もないというわけか
シム王様
初めてMUSIC+プランを契約するとLINE MUSICが1ヶ月無料で利用できるという特典もあるぞ。

 

 

ドコモからLINEモバイルに乗り換えたらどれくらい安くなる?

LINEモバイルに乗り換えた場合のシュミレーション

例えばドコモで5分かけ放題、データ5GBで契約している場合、LINEモバイルの5GBプランに乗換えると、月々4,780円節約できます。

※LINEモバイルの価格はコミュニケーションフリープランの5GBプラン

ネコ王子
すごっ!4,780円安くなるってことは1年だと、4,780円×12ヶ月だから…

57,360円も節約できるってことか!

シム王様
LINEモバイルにはかけ放題オプションがないから、完全に同じプランというわけではないが、同じデータプランでこれだけ安くなるのは家計も助かるじゃろうな
ネコ王子
かけ放題が無くてもLINEの音声通話は無料なんですよね?

どうせ長電話するのは家族とか友達だから、LINEで通話すればいいからあんまり問題無さそうだけど

シム王様
たしかにな。そういうこともあってかけ放題プランを用意していないのかもしれないな。

 

iPhone7を乗り換えた場合のシュミレーション

iPhone7でLINEモバイルに乗り換えた場合のシュミレーション

こちらはドコモでiPhone7を購入しドコモで利用した場合と、Apple公式サイトなどでSIMフリー版iPhone7を購入し、LINEモバイルで利用した場合のグラフです。

2016年9月に発売されたばかりのiPhone7でも、LINEモバイルに乗換えることでこれだけ安く利用することができます。iPhone7の支払いを続けている期間でも約2,000円節約でき、購入から24ヶ月経ち、2年間の支払いが終わった頃には通話料を含めても月々3,000~4,000円は節約できるでしょう。

このようにドコモはかけ放題の加入必須、そしてデータプランも高額なため、iPhone7の支払いが終わったとしても月々の料金はあまり安くなりません。

ネコ王子
ドコモでiPhoneを買ったらたくさん割引きしてくれるから安いと思ってたんだけど、そうでも無かったんですね。
シム王様
そうじゃな。iPhoneが割引されるとは言っても、一時的なものじゃからな。

それよりも今後ずっと支払い続けていく基本料が安い方が断然お得ということじゃな。

 

もしドコモを解約し今後もiPhoneを購入していく場合はSIMフリー版のiPhoneを購入することになりますが、SIMフリー版のiPhoneを購入してLINEモバイルで利用した場合とドコモなどの大手キャリアで購入し、そのまま2年間利用し続けた場合の価格の差は「ドコモでiPhone7を使うとこんなに損している!SIMフリー版iPhone7をLINEモバイルで利用すると6万円も安くなる!」で紹介していますので、参考にしてみて下さい。

 

iPhone6を乗り換えた場合のシュミレーション

iPhone6でLINEモバイルに乗り換えた場合のシュミレーション

ドコモで購入したiPhone6の場合、すでに2年間の支払いが終わっている方も多いと思いますが、その場合、iPhone6の支払いが無い分LINEモバイルに乗換えるとすぐに月々3,000~4,000円安くなります。

LINEモバイルはドコモ回線を利用している格安SIMのため、ドコモから購入したiPhone6はそのまま利用することができるため、SIMロック解除の必要がありません。

シム王様
ドコモ版のiPhone6はSIMロック解除無しでLINEモバイルで使えるから乗り換え後すぐに使えるぞ。

LINEモバイルでもドコモ版iPhone6は動作確認済みじゃ。

 

iPhoneをLINEモバイルで使う場合の注意点

 

LINEモバイルで利用できるiPhone一覧

◯…使用可能、△…SIMロック解除後使用可能、✕…使用不可、-…動作未確認

ドコモ版 au版 ソフトバンク版
SIMロック解除 不要 必要 必要
iPhoneX -
iPhone8 -
iPhone7
iPhone7 Plus
iPhone SE
iPhone6s
iPhone6s Plus
iPhone6 ×
iPhone6 Plus ×
iPhone5s ×

LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線に対応しているため、ドコモ版とソフトバンク版のiPhone、そしてSIMフリー版のiPhoneも問題なく利用できます。

これらの機種はSIMロック解除も必要ないため、LINEモバイルから届いたSIMカードに入れ替えてAPN設定をするだけで利用可能です。

また、auのiPhoneはSIMロック解除が必須となるのですが、SIMロック解除に対応していないiPhone6、iPhone6 Plus、iPhone5sに関しては利用できません。

 

テザリングはすべての機種で可能

LINEモバイルではiPhoneのテザリングの制限などは無いため、すべての機種でテザリングが可能です。

ちなみにテザリングで接続したスマホやタブレットでデータフリー対象となるLINEやTwitterなどを利用してもデータフリー対象となり、データは消費しません。

 

LINEモバイルの通話料半額アプリと10分かけ放題について

2017年6月20日より、基本料無料で利用できる通話料半額アプリ「いつでも電話」と「10分かけ放題(880円)」の提供がスタートしました。

いつでも電話(アプリ)

いつでも電話アプリで電話をかけることで通話料が半額になる

月額料:無料

利用条件:通話SIMを利用しているLINEモバイルのユーザー

通話料:30秒10円(アプリを利用しない場合は30秒20円)

 

10分かけ放題(いつでも電話アプリのオプション)

いつでも電話アプリで電話をかけることで10分間無料(回数無制限)で通話ができる。

月額料:880円

利用条件:通話SIMを利用しているLINEモバイルのユーザー

通話料:10分間無料→10分以降30秒10円

 

シム王様
いつでも電話は無料で利用できるから、LINEモバイルを利用している人が使わない手はないぞ。

 

LINEモバイルを実際に使ってみた感想

LINEモバイルのマニュアル

LINEモバイルは他社の格安SIMと比べても通信速度が速いため、お昼や夕方の通信が混み合う時間帯でも快適にスマホが使えています。

そのため、ドコモでスマホを利用していた頃と比べても使用感は全く変わりません。

詳しい感想は「ドコモからLINEモバイルに実際に乗り換えて感じたメリットとデメリット 」で紹介しています。

 

LINEモバイルで通信速度を計ってみた結果

時間 ダウンロード(単位Mbps) アップロード(単位Mbps)
8時 7.17 5.54
10時 51.80 16.27
12時 8.17 11.68
13時 16.20 12.01
15時 23.26 35.81
17時 15.08 3.68
18時 4.62 3.53
19時 7.75 2.11
20時 5.99 2.57
21時 7.87 4.21
22時 8.01 5.11
シム王様
混み合う時間帯でも比較的高速じゃから、1日安定してLINEモバイルでもスマホが使えているぞ
ネコ王子
やっぱ速度が安定してるのっていいよな~

 

月々のスマホ代が約2,000円になった

音声通話が利用できるコミュニケーションフリープランの3GBで契約していますが、通話はほとんどがLINEの無料通話を利用しているため、月平均の利用料は2,000円前後となっています。

通話に関しては通話料半額アプリ「いつでも電話」を利用しているため通話料も安く、もしたくさん通話をする方であれば10分かけ放題を付けたとしても「1,690円+880円=2,570円」で利用できます。

 

データは翌月に自動繰越される

LINEモバイルは自動で余ったデータを繰り越してくれる

LINEモバイルでは利用しなかったデータは自動的に翌月に繰り越しされるため、これまでデータが無くなってしまい通信速度制限がかかってしまったことはありません。

シム王様
このデータ残量はワシのマイページのものなんじゃが、とてつもなくデータが残っているぞ。

LINEモバイルの利用開始から最初の3ヶ月間は毎月3GB増量というキャンペーンもあって、3GBプランで契約してるのに11GB余るというカオスな状態になっておる。

 

格安SIMの弱点だった「LINEの新規登録」と「LINEの年齢認証」がどのプランでも可能になる

シム王様
それから格安SIMにはLINEを使う上で2つのデメリットがあるんじゃが、LINEモバイルはそのデメリットを見事に補っておるんじゃ。何かわかるかな?
ネコ王子
あっ、LINEモバイルを使えばLINEの友達が増えるとか?
シム王様
いや、友達が少ない人は、LINEモバイルでも少ないままじゃ。

正解はLINEの「新規登録」と「年齢認証」ができることじゃ

ネコ王子
ん?格安SIMってその2つできないの?
シム王様
「新規登録」に関しては格安SIMすべてができないわけじゃないが、「年齢認証」は格安SIMでは不可能なんじゃ。

それでは詳しく説明しよう

 

500円のLINEフリープランでもLINEの新規登録が可能

格安SIMのSMSが使えない「データ通信のみ」のプランで契約をするとショートメールが使えないため、LINEの新規登録で必要なショートメールで認証をすることができず、新規登録ができませんでした。

しかし、LINEモバイルでは月額500円のSMSが使えない「LINEフリープラン」でもLINEの新規登録が可能になります。

シム王様
他社の格安SIMでも、SMSのオプションを付けたり、音声通話ができるタイプであればSMSが使えるので、LINEの新規登録がショートメール認証でできていたんじゃが、データ通信のみではショートメールが使えないので新規登録ができなかったんじゃ
ネコ王子
そうだったんだ
シム王様
それがLINEモバイルではSMSが使えない一番安い500円のプランでも可能になったということがLINEモバイルの特徴じゃな
ネコ王子
ということは、LINEを使うという目的でスマホを使うとしたら、月に500円でいいってことか
シム王様
そうじゃな他社の格安SIMの場合、オプションでSMSをつけなければいけないため500円では不可能だったのがLINEモバイルではこの安さで可能というわけじゃ
ネコ王子
こりゃすごいな…

※LINE新規登録は、SMS認証以外にもFacebookアカウントで登録が可能なため、Facebookアカウントで新規登録する場合はSMSが使えなくても新規登録可能です。

 

格安SIMでLINEの年齢認証ができるのはLINEモバイルだけ

LINEの年齢認証はこれまで大手キャリアでしか認証ができなかったため、格安SIMでは年齢認証ができないというデメリットがありましたが、LINEモバイルはどのプランでも年齢認証が可能です。

ネコ王子
そもそも、年齢認証って何ですか?
シム王様
LINEのアカウントを年齢認証をして18歳以上の確認ができれば、LINEでID検索ができるようになるんじゃ
ネコ王子
ID検索?
シム王様
ID検索とは、IDを教えてもらってそのIDで検索して友だち追加ができる機能じゃな
ネコ王子
ああ、なるほど。格安SIMはそれができなかったんだ
シム王様
ID検索で友だち追加ができるということは、ネットの掲示板にかかれているIDを検索して友だち追加をして、知らない人とやり取りをして仲良くなって、トラブルに巻き込まれるという可能性もあるので、18歳以下はID検索ができないんじゃが、格安SIMでは年齢に関係なくID検索ができなかったんじゃ
ネコ王子
そうだったんだ
シム王様
そのため、LINEモバイル以外の格安SIMで友だち追加をする場合は「ふるふる」か「QRコード」しかない。

もしID検索からの友だち登録が必須だったらLINEモバイルしかないってことじゃな。

 

 

LINEでサポートに問い合わせ可能

LINEのアカウントに「LINEモバイル公式アカウント」があり、そのアカウントを友だち登録することでLINEから質問をすることができるようになります。

また、この問い合わせは人工知能が自動返信してくれる問い合わせとオペレーターに直接質問の2通りとなっています。

 

シム王様
それからLINEモバイルの独特なサービスとして、LINEで問い合わせができるところじゃ

 

いつでもヘルプ

シム王様
この「いつでもヘルプ」をタップしてLINEモバイルの運営スタッフにメッセージを送ることができたり、質問に合った返答を人工知能がやってくれるという機能もある。LINEの公式アカウントを友だち追加することで、いつでもヘルプが使えるようになるんじゃ

 

人工知能による返答例

LINEの問い合わせはAIが24時間対応

 

 

LINEモバイルの問い合わせはその他にも電話サポート、メールサポートなどもあります。詳しくは「LINEモバイルのサポートはどうなってるの?メール・電話・LINEで問い合わせできます 」で紹介しています。

 

LINEモバイルのデメリット

他社の格安SIMと比べた場合のLINEモバイルのデメリットを紹介します。

大容量プランが選べない

LINEモバイルの最大容量は10GBとなっていて、最大30GBまで選べる楽天モバイルやmineoに比べるとYouTubeなどをたくさん見る方にとっては容量が少なすぎるかもしれません。

LINEやTwitterなどのSNSアプリを利用してもデータは消費しないため、そこまでデータを消費しないとは言っても動画をたくさん視聴する人にとってはデメリットとなります。

 

販売している格安スマホの機種が少ない

LINEモバイルが取り扱っている格安スマホは10機種程度で、格安スマホで最も人気がある「ZenFone4」の取扱いがありません。またタブレットも1機種のみとなっています。

古くなってきたスマホやタブレットは除外し、機種を厳選しているためこのように少なくなっているのですが、古くなった機種のセールなどもやっていないため、とにかくスマホを安く買いたいという方には向いていません。

スマホを安く買いたい場合はAmazonなどで購入し、LINEモバイルで使うという方法が良いと思います。

 

LINEモバイルで購入できるおすすめスマホ

性能が良いスマホが欲しいなら「ZenFone4 Selfie」

ZenFone4 Selfieは2000万画素のメインカメラと120度の広角カメラとインカメラに2つのカメラが搭載され、自撮りが綺麗に撮れるというスマホですが、スペックも非常に高く自撮りをしない人でも十分な性能で、非常にコスパに優れた機種です。

OS Android7.1.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430(オクタコアCPU)
RAM 4GB
ストレージ 64GB
SDカードスロット あり
カメラ アウト:約1600万画素
イン:約2000万画素、800万画素(広角カメラ)
バッテリー 3000mAh
ディスプレイ 約5.5インチ
1280× 720ドット HD
サイズ 75.9mm×155.6mm×7.8mm
質量 約144g
指紋認証センサー あり
一括 29,800円
分割(24回) 1,290円/月

 

おサイフケータイ、防水対応が必要なら「AQUOS sense lite」

格安スマホは海外製が多く、おサイフケータイや防水に対応していない機種ばかりで、arrows M04という日本製の全部入りスマホもありますが性能が低いのが難点でした。しかし2017年11月に発売された「AQUOS sense lite」はおサイフケータイ・防水に対応し、性能も高く価格も2万円台と、これまでのデメリットを克服してくれました。

おサイフケータイ対応の格安スマホをお探しであれば「AQUOS sense lite」が現在最も性能が良い製品となっています。

OS Android7.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430
1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
SDカードスロット あり(最大256GB)
カメラ アウト:約1,310万画素(F2.2)
イン:約500万画素
バッテリー 2700mAh
ディスプレイ 約5.0インチ
1,080 × 1,920ドット フルHD IGZOディスプレイ
防水/防塵 IPX5/IPX8 / IP6X
耐衝撃
指紋認証センサー
おサイフケータイ
サイズ 約144×72×8.5mm
質量 約147g
一括 33,800円
分割(24回) 1,460円/月

 

とにかく安く、コスパが良いスマホが良いなら「HUAWEI nova lite」

HUAWEI nova liteは19,900円と格安ながら、オクタコアのCPU、メモリ(RAM)3GBと非常に性能が高い機種になっており、背面には指紋認証センサーも搭載しています。

安く高性能を求めるのであれば最もおすすめな機種です。

CPU Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4x1.7GHz)
OS Android7.0
RAM 3GB
ROM 16GB
SDカード 128GBまで
カメラ メイン1200万画素、イン800万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 幅72.94mm × 奥行き147.2mm × 厚さ7.6mm
質量 147g
ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080ドット)
SIMスロット nanoSIM×2
一括 19,900円
分割(24回) 861円/月

 

最後に

いかがだったでしょうか?

LINEモバイルは月々のスマホ代を大幅に節約できるだけでなく、SNSアプリが使い放題、そして通信が混み合う時間帯でも高速で利用できるメリットがあり、LINEのID検索(年齢認証)ができるのは格安SIMではLINEモバイルだけとなっています。

これから格安SIMに乗り換えてスマホ代を節約したいけど、どこがいいかわからないという方の参考になれば幸いです。

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

実際に使ったからこそわかったLINEモバイルの5つのよかった点

LINEモバイルの500円で利用できる「LINEフリープラン」ってどんなことができるの?

子供や親にLINEモバイルをプレゼントしたい!LINEモバイルの利用者と契約者が違う場合の申込方法

-LINEモバイル, オススメ格安SIM
-

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2018 All Rights Reserved.