格安SIMとは

スマートフォンには加入者番号・電話番号などの情報が埋め込まれている小さなカード(ICチップ)が入っています。

このカードのことをSIMカードと言い、SIMカードをスマートフォンに入れることによって電話やネットが利用できるようになります。

ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアでスマートフォンを利用すると月々6,000~8,000円ほどの利用料金が必要になりますが、その価格を1,000~3,000円まで安くできるのが格安SIMです。

ネコ王子
電話番号ってスマホで決まるわけじゃないってことですか?
シム王様
そうじゃ。電話番号はSIMカードで決まっているぞ。

スマホで電話やネットができるのはSIMカードが入っているからなんじゃ。

ネコ王子
そうだったんだ
シム王様
このSIMカードが非常に安く利用できるようになったことから「格安SIM」と呼ばれるようになったんじゃ。

 

格安SIMが安い理由

格安SIMを販売している業者のことを「MVNO」と呼びます。このMVNOはドコモやauなどの大手キャリアから設備を借りて運営し、日本全国に携帯電話の基地局をつくるコストがかからないため、格安でサービスを提供できているというわけです。

ネコ王子
なるほど!安い理由は借りてるからなんだ。
シム王様
やはり、自社で日本全国に設備をつくるとなると莫大な費用がかかってしまうからな。

つくる費用以外にもメンテナンス費用もかからないから、そのコストがかからない分、大手キャリアの半額以下で提供できているというわけじゃな。

 

格安SIMを選ぶポイント

格安SIMを選ぶ際にまず大事な一つ目のポイントとして、現在利用しているスマートフォンをそのまま使うかどうかです。

現在利用しているスマートフォンはドコモなどの大手キャリアから購入している方が多いと思いますが、そのまま利用するには同じ回線を利用している格安SIMに乗換える必要があります。

 

主な格安SIM一覧

MVNO名 主な特徴 使用回線
楽天モバイル 楽天のポイントが貯まり、ポイントで支払いが可能 ドコモ
OCNモバイルONE 他社格安SIMの5分かけ放題(月額850円)と同価格で10分かけ放題を提供している ドコモ
LINEモバイル LINE、Twitter、Facebook、Instagramなどの人気のSNSアプリが使い放題 ドコモ
mineo 月に1GBまで無料でデータを引き出して利用できるフリータンクが人気 ドコモ/au
IIJmio 他社MVNO(U-mobileなど)にも技術を提供しているほど技術力に定評があり、安定した品質を保っている。 ドコモ/au
DMMモバイル 格安SIM業界で最安 ドコモ
U-mobile 高速で使い放題プラン、IIJmioの技術を活かしたプラン、ソフトバンク回線プランを業界最速で発表するなど様々なプランを提供している ドコモ/Y!mobile/ソフトバンク
UQモバイル 「だぞっ」のCMで有名、auと同じKDDIグループが運営 au
BIGLOBEモバイル 月額480円のオプションでYouTubeなどのアプリが使い放題になるエンタメフリーオプションが人気 ドコモ/au
NifMo 3つのわかりやすいプランと申し込みの簡単さが人気。
川崎フロンターレのスポンサーのため、川崎フロンターレがJリーグの試合で勝利すると割引のサービスあり(要登録)
ドコモ
FREETEL データを消費した分だけ料金が発生する従量制のプランあり ドコモ

 

シム王様
例えばドコモで買ったスマホを格安SIMに乗り換えても使いたい場合はドコモの回線を利用した格安SIMに乗り換えればいいというわけじゃ。
ネコ王子
そういうことか。

こうやって見るとドコモが多いですね。

シム王様
ドコモはMVNOへ格安で設備を貸しているから、参入する事業者もドコモを選んでいるんじゃ。

ドコモ系の格安SIMが多いのはそのせいじゃな。

 

現在ソフトバンク回線を利用した格安SIMは非常に少なく、「U-mobile」が取り扱いを開始しましたが、現在はデータ通信SIMのみの取り扱いとなり、通話ができるプランはまだ利用できません。

そのため、現在の乗り換え先としてはドコモ系とau系しか無いという状況です。

 

格安SIMのプランは3つ

格安SIMを契約する際のプランとして以下の3つがあります。

特徴
音声通話SIM 一般的なスマホを利用する場合のプラン。
電話・ネット・SMS全てが可能なため大手キャリアから乗換える場合に選択するプラン
データ通信SIM ネットのみが利用できるプラン。
主にタブレットやスマホ2台持ちで、2台目には電話機能は必要ないという場合に利用するプラン。
データ通信SIM+SMS ネットとSMS(ショートメッセージサービス)が利用できるプラン。
データ通信SIMにプラス100~200円/月でSMSが利用できるようになる。

 

シム王様
一般的なプランは音声通話SIMじゃな。

電話番号そのままで乗換える方法を「MNP」というが、MNPで乗換える場合は音声通話SIMを選ぶことになるぞ。

 

どのような使い方をするかによって格安SIMを選ぼう!

格安SIMはたくさんの種類があり、サービス内容も様々です。

そのためスマホの使い方によって格安SIMを選ぶことで失敗しない乗り換えができます。

 

電話をたくさんかける方

電話をたくさんかける方はかけ放題のオプションがある格安SIMを選びましょう。

格安SIMのかけ放題オプションは5分かけ放題が主流ですが、OCNモバイルONEでは他社格安SIMと同価格(850円/月)で10分かけ放題も提供しているため、長い通話の回数が多い方はOCNモバイルONEがおすすめです。

かけ放題オプションについては「かけ放題プラン格安SIM徹底比較!格安SIMにもどれだけ通話しても定額の「無制限かけ放題」もあるぞ! 」で紹介しています。

 

ネットや動画をたくさん見る方

一般的な方のデータの使用量は2~3GBとなっていますが、ネットや動画をたくさん見る方であれば3GBでは足りないかもしれません。

ほとんどの格安SIMが10GBまでのプランは用意していますが、それでも足りない場合は20GBや30GBなどの大容量プランを用意している格安SIMを選びましょう。

大容量プランがある格安SIMについては「格安SIMヘビーユーザーにおすすめの大容量プランがあるMVNO」で紹介しています。

また、YouTubeをたくさん見ていることでデータ容量をたくさん消費しているかたはBIGLOBE SIMがおすすめです。BIGLOBE SIMにはYouTubeやAbemaTVなどのアプリでどれだけ動画を見てもデータを消費しないエンタメフリーオプションというオプションが月額480円から利用できるため、YouTubeを見るために大容量プランを契約するよりも安く、YouTubeを見るときもデータの消費を気にする必要も無くなります。

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションの詳細は「BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションはYouTubeが無制限に視聴可能! 」で紹介しています。

 

SNSアプリをたくさん利用する方

LINEやTwitterなどのSNSアプリをたくさん利用する方は、SNSアプリが使い放題になるLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルでは「LINE・Twitter・Facebook・Instagram」などが使い放題となり、動画などを見過ぎて通信速度制限がかかったとしてもこれらのSNSアプリに関しては制限はかからず、常に高速で利用が可能です。

LINEモバイルの詳細は「LINEモバイルって実際どうなの?特徴、価格、カウントフリーなどを徹底解説」で紹介しています。

 

対面でのサポートが必須な方

格安SIMのサポートは主に電話やメールとなっています。

しかしスマートフォンに詳しくない方からすると、電話やメールではなく対面でわからないことを教えて欲しいものですよね?

そこで重要なのが店舗でサポートを受けられる格安SIMです。全国に店舗を出店しているのはmineo(マイネオ)とイオンモバイルです。

イオンモバイルはみなさんご存知の通り、あの大型スーパーである「AEON」を運営している会社が販売している格安です。

そのため、全国のイオンでイオンモバイルを販売していて、サポートもイオンで受けられるため、近くにイオンがある方はイオンモバイルがおすすめです。

また、mineo(マイネオ)も全国に店舗があり、主にPCデポやパソコン工房などの大型店の一角にスペースを借り、mineoのショップを出店しています。

最近では渋谷や秋葉原などにもmineo独自の店舗も出店し、今後も増えていく予定です。

このように店舗を全国に出店している格安SIMもあるため、対面のサポートが必須な方はmineoかイオンモバイルを選びましょう。

詳細はこちら

mineo(マイネオ)

イオンモバイル

 

他の回線に乗換えたい場合はSIMロック解除が必要

ドコモなどの大手キャリアから販売されているスマートフォンは同じ回線でしか利用できないようになっています。

このことをSIMロックされたスマートフォンと呼びますが、ロックを解除し他の回線でも利用できるようにすることをSIMロック解除と言います。

シム王様
ソフトバンクから購入したスマホを格安SIMで使いたいとしても選択肢がないからSIMロック解除が必須になるんじゃ。

ただしSIMロック解除はものすごく簡単じゃから、これをやることによってソフトバンクから買ったスマホでも格安SIMを利用できるようになるぞ。

 

SIMロック解除の詳細は「ドコモ・au・ソフトバンクのSIMロック解除方法まとめ 」で紹介しています。

 

格安SIMのメリット

格安SIMの最大のメリットは安さです。大手キャリアで8,000円ほどかかっているスマホ代を半額以下まで節約することができます。

シム王様
これはドコモでiPhoneを利用した場合とマイネオで利用した場合の価格差じゃ

 

こちらはドコモでiPhone7(32GB)を機種変更で購入しドコモで利用した場合と、SIMフリー版のiPhone7をApple公式サイトで購入しmineo(マイネオ)で利用した場合のシュミレーションです。

2年間のiPhone代を支払い続けている状態でもmineoの方が安くなりますが、支払いが終わると大幅にmineoが安くなっているのがわかります。

この価格差は約4,000円にもなります。

ネコ王子
げっ、こんなにも安くなるの!?

 

詳しくは「iPhoneを格安SIMに乗換えるならmineo(マイネオ)がおすすめ」で紹介しています。

 

格安SIMのデメリット

無制限のかけ放題を提供している格安SIMが少ない

大手キャリアにはどれだけ通話しても定額のかけ放題がありますが、格安SIMのかけ放題プランは5分かけ放題が主流になっています。

スマホの利用が電話をかけることがメインになっている方からすると格安SIMに乗換えることで逆に高くなってしまう可能性もあります。

今やLINEの音声通話で無料で通話もできるためあまり長電話をする方は多くないかと思いますが、仕事などで電話をよくかける方は注意が必要です。

 

現在無制限のかけ放題オプションを提供しているのは「楽天モバイル」と「もしもシークス」のみとなっています。

 

お昼や夕方になると速度が遅くなる!?

格安SIMは他社の格安SIM同士で回線を共有しているため、平日のお昼休みや夕方の時間帯になるとスマートフォンを利用する人が増えるため、通信回線が混み合い通信速度が遅くなるというデメリットがあります。

ただしネットやLINEなどのSNSを利用する分には全く問題ない速度ですが、混み合う時間帯でも動画やゲームを快適に利用したい方には注意が必要です。

 

店舗が少ない

mineo(マイネオ)やイオンモバイルは全国に店舗がありますが、それでもドコモなどの大手キャリアのショップ数に比べれば少ないものです。

これまでショップに頻繁にわからないことを質問していた方にすると、気軽に質問ができなくなるというデメリットがあります。

もしこれまでショップでのサポートが必須だった方は自宅近くに店舗がない格安SIMへの乗り換えはおすすめしません。

 

最後に

SIMキングでは「シム王様」と「ネコ王子」の掛け合いによって、わかりやすく格安SIMを解説しています。

格安SIMに乗り換えてスマホ代を節約したいけど、どれがいいのかわからない。という方は是非SIMキングをご活用下さい。

ネコ王子
よろしくお願いします

 

SIMキングナビ

おすすめの格安SIMをランキング形式で紹介

8社の格安SIMをデータ容量ごとに価格の比較をしています

価格よりもサービス重視で格安SIMを選ぶ場合はコチラ

大容量プランで通信速度制限を気にせずにスマホを使いたい

格安SIMって何?SIMフリーって?これさえ読めば格安SIMの全てがわかる

Androidスマホは当たりはずれがあるため、スマホ選びは非常に大事です

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2017 AllRights Reserved.