オススメ格安SIM 楽天モバイル

楽天モバイルの評判は?特徴、価格、口コミなどから楽天モバイルを徹底解説

更新日:

楽天モバイルは楽天市場や楽天トラベルなどで有名な「楽天グループ」が運営している格安SIMで、その他にも楽天カード、楽天ブックスなど様々なサービスがあり、これらのサービスで貯まったポイントを楽天モバイルの利用料として使うこともできるなど、楽天のサービスをたくさん利用している方であればさらにお得に利用できる格安SIMとなっています。

最低利用期間(データ通信) なし 最低利用期間(音声通信+データ) 1年違約金9,800円
かけ放題 5分かけ放題(850円/月)

かけ放題(2,380円/月)

プラン変更 可能
初期費用 3,000円 回線 ドコモ
特徴 ・100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる

・2年、3年の長期で契約するとスマホを0円で購入できる

・楽天スーパーポイントで支払い可能

・使い方を遠隔で教えてくれるサポートあり(月額500円)

・他社で購入したスマホの修理依頼可能(月額500円)

・通話料半額アプリ「楽天でんわ」あり

 



楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルには自由にデータ容量とかけ放題のオプションの有無を選べる「組み合わせプラン」と5分かけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」の2つのプランから選べます。

組み合わせプラン

基本的なプランではこちらの組み合わせプランとなり、一般的なデータ容量の3.1GBでは通話SIMで1,600円となっています。

 

スーパーホーダイ

そしてスーパーホーダイは契約したデータ容量を使い切っても通信速度制限が1Mbpsで利用でき、5分かけ放題がセットになって1,980円(2年目以降は2,980円)となります。

スーパーホーダイのメリット

・余ったデータは自動で繰り越し

・データを使い切っても1Mbpsで利用できる(通常の速度制限は200kbps)

・長期契約でスマホ機種代が最大2万円引き

・スマホを購入しない場合は最大2万円文のポイントが貰える

・最低利用期間が過ぎればいつ解約しても解約手数料は発生しない

こちらのプランは5分かけ放題が付いてくるため、ある程度通話を利用する方向けのプランとなっていますが、このプランで2年または3年契約をするとスマホを0円で購入できるなど大幅な割引キャンペーンがあるため、乗り換えと同時にスマホも購入したい方にとってもお得なプランとなります。

 

楽天モバイルのかけ放題と通話料について

楽天モバイルには「5分かけ放題」とどれだけかけても定額の「かけ放題」の2つのかけ放題がありますが、「かけ放題」については2018年2月28日をもってサービス終了となりました。

5分かけ放題 かけ放題
月額料 850円 -
時間超過後の料金 30秒10円 -

 

楽天モバイルのここがデメリット!

楽天モバイルはどれだけ通話しても定額の「かけ放題」が利用できるということで注目を集めましたが、サービス終了となりました。。

しかも、他社のSIMでは850円で10分かけ放題を提供していますが、楽天モバイルは850円で5分かけ放題と他社に比べ、かけ放題のオプションはあまり良いとは言えません。

シム王様
これはかなり残念な点じゃな。やっと格安SIMでも無制限のかけ放題が出てきたと思ったら、申し込みができないようになってしまった…

また申し込みが再開されるのを願うばかりじゃな。

 

あまり通話をしない方は通話料半額アプリで通話料の節約ができる

楽天でんわ

楽天でんわ
無料
posted with アプリーチ

楽天でんわを利用すると30秒20円→30秒10円に!

楽天でんわというアプリを利用して電話をかけることで、通常の通話料の半額で通話ができるようになります。また、このアプリの利用は無料となっています。

シム王様
ちなみに5分かけ放題を利用する場合もこのアプリを使うことになるから、5分以降の通話料も半額になるぞ。

 

ドコモとの料金比較

それではドコモから楽天モバイル(組み合わせプラン)に乗換えるとどれくらい安くなるかを見てみたいと思います。

ドコモ 楽天モバイル
5分かけ放題 1,700円 850円
5GB 5,000円 2,150円
ネット接続料 300円 -
合計 7,000円 3,000円
ネコ王子
すごっ!4,000円も安くなるの!?
シム王様
楽天モバイルに5分かけ放題を付けているから、もし通話をあまりしない人だったらさらに850円安くなるから、4,850円安くなるという計算じゃな。

 

楽天モバイルのメリット

楽天カードで支払えば2倍ポイントが貯まる!

例えば楽天モバイルで2,000円使用料が発生したとすると20ポイント貯めることができますが、楽天モバイルの支払いに楽天カードを利用すると楽天カードでの支払いで楽天カードに20ポイント、楽天モバイルで20ポイントと合計40ポイントを貯めることができます。

この貯まったポイントで楽天モバイルの使用料の支払いもできるため、楽天のあらゆるサービスを利用しているようであれば、楽天カードを利用して支払いをすることで楽天モバイルの利用料分は賄えるかもしれません。

 

ネコ王子
やっぱ楽天はすごいなぁ。楽天カード使って支払いするとどんどんポイントが貯っていくんだ
シム王様
そうじゃな。楽天市場などの他のサービスで貯まったポイントでも楽天モバイル支払いができるから、楽天のサービスをたくさん使っている人はポイントだけで支払えるかもしれんぞ

 

 

 

他社で購入したスマホでも修理対応してくれる

楽天モバイルには楽天モバイルで購入したスマホが修理対象となる「端末保証(月額500円)」と、Amazonなどの他社のショップで購入したスマホでも修理対象となる「つながる端末保証 by 楽天モバイル(月額500円)」があります。

 

楽天モバイルで購入したスマホが対象「端末保証(月額500円)」

端末保証は楽天モバイルの新規申込時に、SIMカードとスマホ本体を購入したときに同時に申し込む必要があり、画面が割れたりや水濡れでの故障の場合でも機種の交換してくれます。

機種によって交換費用は4,000円、5,000円、7,000円のいづれかになります。

ネコ王子
これは、楽天モバイルを使い始める時にスマホも一緒に買ったときにしか入れないんだ
シム王様
そういうことじゃな。故障した後に入りたいと思ってもダメってことじゃな。
スマホが完全に壊れてしまった場合、新しく買い替えるよりも数千円で変えてもらった方がいいということもあるから、よく画面を割ってしまうような人は入っていた方が無難じゃな

 

 

他社で購入したスマホが対象の「つながる端末保証 by 楽天モバイル(月額500円)」

こちらも画面割れや水濡れなどで故障したスマホが対象になり修理もしくは交換で対応してくれ、修理の場合は無料、そして交換の場合は毎年1回目 4,000円(税抜) 同年内で2回目 8,000円となります。

こちらの申し込みはいつでも可能で、サービス申込日の翌月1日から保証対象となります。

ネコ王子
ドコモで購入したスマホでも対象なんですか?
シム王様
そうじゃ大手キャリアで購入したスマホでも、Amazonなどから購入したスマホでもOKじゃ
ネコ王子
ドコモだったときは故障したらドコモに持っていけば直してもらえたので心配はなかったけど、格安SIMだとその心配があったんだよなぁ。でも楽天モバイルだったらその心配はないってことか

 

楽天モバイルの通信速度は?

画像・データ:MMD研究所調べ

特に速度が遅くなりやすい平日の「朝・昼・夕方」で計測した楽天モバイルの通信速度のデータを紹介します。

時間帯 ダウンロード アップロード
9~10時 9.2 5.2
12~13時 4.7 5.5
17~18時 5.7 5.0

単位:Mbps

UQモバイルやmineo(au回線)と比べると低速ですが、その他の格安SIMと比べると比較的高速で、混み合う時間帯でもネットや動画の視聴に問題が出ない3Mbps以上をキープしているため、通信速度が遅くて困るということはあまり無いでしょう。

シム王様
ドコモ回線を利用している格安SIMでは楽天モバイルかLINEモバイルが通信速度が速いという評判じゃな。
ネコ王子
そうなんだ。楽天って結構速いんですね。

 

楽天モバイルの評判は?

気になる楽天モバイルの評判ですが、利用料金の満足度は高いですが電話サポートで待たされて困ったという方も目立ちます。

 

 


シム王様
やはり格安SIMの弱点はサポート体制が大手キャリアに比べて悪いというのがあるから、そのあたりはデメリットになってしまうな。

ネコ王子
なるほど。自分で解決できない人は困る場合もあるってことですね。

 

楽天モバイルで購入できるおすすめスマホ

楽天モバイルは他社と比べても購入できる格安スマホが多く、様々な機種から選べるというメリットがありますが、その中でも最もおすすめできる3機種を紹介します。

格安スマホで最も人気がある「ZenFone4」

日本で一番人気があるAndroidスマホはXperiaですが、格安スマホの中で最も人気があるスマホはZenFoneで、6GBというPC並のメモリ(RAM)を搭載、わずか5分の充電で2時間利用できる急速充電対応、ノイズキャンセリングやハイレゾに対応、120°の広角レンズを搭載したデュアルレンズカメラなど10万円以上するiPhoneやXperiaと同等かそれ以上の性能を持つ機種になっています。

どれを買っていいかわからないという場合はこれを買えば間違いありません。

CPU Qualcomm® Snapdragon™ 660 (オクタコアCPU)
メモリ 6GB
ストレージ 64GB
microSDカード 最大2TB
アウトカメラ メイン:1200万画素
2nd:800万画素広角カメラ
インカメラ 800万画素
サウンド デュアルスピーカー
デュアルマイク
SIMカードスロット nanoSIMスロット×2(DSDS)
OS Android7.1.1
重さ 165g
サイズ 高さ155.4×幅75.2×奥行き7.5mm
ディスプレイ 5.5インチ
その他 指紋認証センサー、USB Type-C、3.5mmオーディオジャック
一括 56,800円
分割 2,556円/24回払い
スーパーホーダイ(3年契約) 26,800円
スーパーホーダイ(2年契約) 36,800円

 

おサイフケータイ、防水対応の日本製スマホ「AQUOS sense lite」

AQUOS sense liteはおサイフケータイ、防水に対応した日本製の格安スマホです。日本製の格安スマホと言うと性能が低いのが弱点でしたが「オクタコアのCPU・RAM3GB・ROM32GB」と非常に性能が高いため、おサイフケータイと防水に対応した格安スマホが欲しかったという方におすすめです。

OS Android7.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430
1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
RAM 3GB
ストレージ 32GB
SDカードスロット あり(最大256GB)
カメラ アウト:約1,310万画素(F2.2)
イン:約500万画素
バッテリー 2700mAh
ディスプレイ 約5.0インチ
1,080 × 1,920ドット フルHD IGZOディスプレイ
防水/防塵 IPX5/IPX8 / IP6X
耐衝撃
指紋認証センサー
おサイフケータイ
サイズ 約144×72×8.5mm
質量 約147g
一括 29,800円
分割 1,341円/24回
スーパーホーダイ(3年契約) 9,800円
スーパーホーダイ(2年契約) 19,800円

 

 

コスパに優れた激安スマホ「HUAWEI nova lite」

HUAWEI nova liteは約2万円で購入できる格安スマホなのですがスペックは非常に高く、とても2万円とは思えないほど高性能なスマホになっています。

データの保存領域(ROM)が16GBと少なく動画や画像の保存がたくさんできないのが難点ですが、SDカードを利用することでそのデメリットを改善することができます。

OS Android7.0
CPU Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4x1.7GHz)
メモリRAM 3GB
メモリROM 16GB(SDカードスロットあり)
カメラ画素 メイン1200万画素、インカメラ800万画素
SIMカードサイズ nanoSIM×2(デュアルSIM)
ディスプレイ 5.2インチ
バッテリー容量 3000mAh
サイズ(縦×横×厚さ) 147.2mm×72.94mm×7.6mm
重量 147g
USBタイプ microUSB
一括 21,800円
分割 981円
スーパーホーダイ(3年契約) 0円+7200ポイントプレゼント
スーパーホーダイ(2年契約) 2,800円

 

 

楽天モバイルの特徴まとめ

・一般的なデータ容量3GBプラン(3.1GB)で1,600円

・楽天スーパーポイントで支払い可能

・20GB、30GBの大容量プランがある

・他社で購入したスマホでも修理してくれる

・楽天でんわ(基本料無料)で通話料半額

・5分かけ放題あり(月額850円)、5分以降も通話料半額

楽天市場や楽天トラベル、楽天カードなど楽天のサービスをたくさん利用しているようであれば、楽天モバイルを検討してみてはいかかでしょうか?

もし楽天モバイルに乗換える方法がわからないという方には乗換方法を簡単に解説していますので、「超簡単!楽天モバイルに乗換える方法」をご覧ください。

 


-オススメ格安SIM, 楽天モバイル
-,

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2018 AllRights Reserved.