オススメ格安SIM

安さ、通話をたくさんする、大容量プラン、たくさん使うアプリが決まっている。などスマホの使い方によっておすすめの格安SIMを紹介

更新日:

格安SIMは現在約600社のMVNOが取り扱いをしているため、様々な種類があります。

これだけ選択肢が多いと、どれにすればいいのかよくわからないという方も多いかと思いますが、スマホの使い方によって格安SIMやプランを選ぶことで失敗しない格安SIM選びができます。

そこで「価格の安さ」「かけ放題」「大容量プラン」「アプリのカウントフリー」の項目に分けておすすめの格安SIMを紹介していきたいと思います。

シム王様
格安SIMは今たくさんあるからどれがいいのかわからない人のために使い方によって最適な格安SIMを紹介するぞ。
ネコ王子
格安SIMって安いっていうのは知ってるけど、それ以外わからないから教えておくれ!

 

安さで格安SIMを選ぶ(3GBプラン)

格安SIMの中で一番安いのはDMMモバイルとなります。以下の比較表は一番選ばれている一般的な3GBプランとなります。

3GBプラン データSIM 音声通話SIM 利用回線
DMMモバイル 850円 1,500円 ドコモ
mineo(Aプラン) 900円 1,510円 au
mineo(Dプラン) 900円 1,600円 ドコモ
楽天モバイル 900円 1,600円 ドコモ
IIJmio 900円 1,600円 ドコモ/au
BIGLOBE SIM 900円 1,600円 ドコモ
NifMo 900円 1,600円 ドコモ
LINEモバイル 1,110円(SMS付き) 1,690円 ドコモ
OCNモバイルONE 1,100円 1,800円 ドコモ

 

ネコ王子
DMMモバイルが一番安いけど、一番高いOCNモバイルONEとは300円の差しかないんだ。
シム王様
ただ1年間にすると300円の差は3,600円になるからな。結構大きな差じゃ。

 

・価格で選ぶならDMMモバイルがおすすめ

DMMモバイルの申し込みはこちら

 

電話をたくさんかける人向け、かけ放題で選ぶ

格安SIMでのかけ放題は5分かけ放題が主流ですが、2017年から10分かけ放題や無制限かけ放題など長めのかけ放題を提供開始した格安SIMもあります。

3分かけ放題 5分かけ放題 10分かけ放題 トップ3かけ放題
楽天モバイル - 850円 - -
IIJmio 600円 - 830円 -
OCNモバイルONE - - 850円 850円
mineo - - 850円 -
DMMモバイル - - 850円 -
BIGLOBE SIM 650円 - - -

OCNモバイルONEには10分かけ放題に加え、その月にたくさん通話した上位3人が自動的に通話料無料になるトップ3かけ放題があり、さらに10分かけ放題とトップ3かけ放題を組み合わせた「かけ放題ダブル(1,300円)」があるため、たくさん通話をする方は間違いなくOCNモバイルONEがおすすめです。

シム王様
10分かけ放題だけなら830円と一番安いIIJmio、たくさん通話するならOCNモバイルONEじゃな。
ネコ王子
たしかに、長電話する人って3人くらいしかいないから、3人だけならどれだけ長電話しても大丈夫ってすごいなぁ。

 

・10分かけ放題ならIIJmioがおすすめ

IIJmioの申し込みはこちら

 

・たくさん通話をするならOCNモバイルONEがおすすめ

OCNモバイルONEの申し込みはこちら

 

ヘビーユーザー向け、大容量プランで選ぶ

格安SIMでは10GBまでのプランがあるのが一般的ですが、それ20GB以上のプランがある格安SIMの最大データプランを紹介します。

データ容量(最大) データSIM 音声通話SIM
IIJmio 40GB 7,560円 8,260円
楽天モバイル 30GB 5,450円 6,150円
OCNモバイルONE 30GB 6,050円 6,750円
BIGLOBE SIM 30GB 6,750円 7,450円
DMMモバイル 20GB 3,980円 4,680円

 

IIJmioは2017年6月よりデータオプションという通常のデータプランに20GBまたは30GBをオプションでプラスすることができるようになり、上記の価格は10GBプランにデータオプションの30GBをプラスした価格となります。

シム王様
とにかく大容量プランがよければIIJmioにデータオプションを付けるか、価格で選ぶなら楽天モバイルかDMMモバイルがおすすめじゃ。

 

・40GB必要であればIIJmioがおすすめ

IIJmioの申し込みはこちら

 

・30GBプランで安いのは楽天モバイル

楽天モバイルの申し込みはこちら

 

・20GBプランで安いのはDMMモバイル

DMMモバイルの申し込みはこちら

 

たくさん利用するアプリが決まっている方向け

格安SIMの中には指定されたアプリを使用してもデータを消費しない、カウントフリーというサービスを提供しているところがあり、これらのアプリをたくさん利用する方であれば大容量プランを選択するよりも安く利用することができます。

LINEモバイル

LINEモバイルは500円のプランでもLINEが使い放題になるため、タブレットでLINEを使いたいという場合におすすめの格安SIMです。

アプリ LINEフリープラン コミュニケーションフリープラン +MUSICプラン
価格 500円~ 1110円~ 1,810円~
LINE
Twitter ×
Facebook ×
Instagram ×
LINE MUSIC × ×

 

 

BIGLOBEモバイル(エンタメフリーオプション)

BIGLOBE SIMにはエンタメフリーオプションというオプションを追加することによってYouTubeやAbemaTVなどをどれだけ見てもデータを消費しなくなります。

カウントフリー対象アプリ

YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp

※2017年5月22日に新たにradiko.jpが追加されました

 

BIGLOBEモバイル料金表

エンタメフリーオプションが選択できるのは3GB以上のプランとなり、音声通話SIMとデータ通信SIMではエンタメフリーオプションのオプション料金が異なります。

 

エンタメフリーオプション料金

音声通話SIM 480円/月
データ通信SIM 980円/月

 

音声通話SIMかデータ通信SIMのどちらを利用しているかによってオプション料が異なります。

 

シム王様
データをたくさん消費するのはYouTubeやAbemaTVなどの動画になるから動画をたくさん見る人はエンタメフリーオプションを付けるとデータの消費を気にする必要がなくなるぞ。

 

 

使い方で格安SIMを選ぶまとめ

・価格で選ぶならDMMモバイル

・10分かけ放題ならIIJmio

・通話をたくさんするならOCNモバイルONE

・40GB以上が必要ならIIJmio

・30GBで十分なら楽天モバイル

・20GBで最安はDMMモバイル

・LINEやTwitterをメインに使うならLINEモバイル

・YouTubeなど動画をたくさん見るならBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプション

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

格安SIMはこれを選べ!おすすめ格安SIMベスト10をランキング形式で紹介

SIMフリー、SIMロック、SIMフリースマホ、格安スマホっていったい何?

失敗しない格安スマホの選び方と最新格安スマホおすすめ4機種紹介


-オススメ格安SIM
-, , , ,

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2018 All Rights Reserved.