豆知識

格安SIM・格安スマホに乗り換えたらどうなるの?乗り換えて変わる8つのこと

投稿日:

スマホ代を節約するために格安SIMや格安スマホに乗り換えたいと思ってるけど、今使っているスマホやアプリが使えるのか?

など、たくさんの疑問があるかと思いますが、格安SIMや格安スマホに乗換えることでどのようなことが変わるのかを「格安SIM6つ」「格安スマホ2つ」の計8つの変わることを紹介したいと思います。

シム王様
格安SIMと格安スマホは別物なのでその違いをまず紹介しよう。
ネコ王子
えっ違うの?

格安SIM・格安スマホとは

◆格安SIM・格安スマホを簡単に言うと…

格安SIM…月々の利用料が安くなるSIMカードのこと

格安スマホ…5万円以内の安いスマホのこと

格安SIMとは

格安SIMとはスマホの中に入れるICカードのことで、このカードに電話番号や個人情報が記録されています。そのためこのカードをスマホから取り外してしまうとそのスマホで通話やネットができなくなります。

このカードのことをSIMカードと言い、SIMカードの利用料をドコモなどのキャリアに毎月支払いしています。

ドコモなどのSIMカードを利用すると月々5,000~8,000円必要になりますが、格安SIMカードを使用することで1,000~3,000円ほどまで節約できるため「格安SIM」と呼ばれるようになりました。

シム王様
格安SIMカードを販売する会社はドコモなどから設備を借りて運営しているからその分価格を抑えることができているんじゃ。
ネコ王子
なるほど月々の料金を安くできるSIMカードだから格安SIMって言うのか。

 

格安スマホとは

格安スマホとは1万円~5万円くらいで購入でき、格安SIMカードを使うことができるスマホのことを指します。

シム王様
簡単に言うと安いスマホが格安スマホじゃ。
ネコ王子
そのままか!

 

ちなみに以下の場合は、ドコモなどで購入したスマホでも格安SIMを使うことができます。

・ドコモで買ったスマホ…ドコモ回線を使用した格安SIM(楽天モバイル、OCNモバイルONE、BIGLOBEモバイルなど)

・auで買ったスマホ…au回線を使用した格安SIM(UQモバイル、mineo、IIJmioなど)

・ソフトバンクで買ったスマホ…SIMロック解除をしなければ格安SIMカードを使うことはできない(ソフトバンク回線を使用した格安SIMカードが存在しないため)

シム王様
ちなみにソフトバンク回線を使用した格安SIMはあるにはあるんじゃが、通話ができるタイプは販売されていないためネットだけの利用であればU-mobileなど少数のMVNOが販売しているぞ。

 

格安SIMに乗り換えて変わる6つのこと

それではドコモなどで購入したスマホそのままで格安SIMに乗り換えた場合に変わることを紹介します。

①スマホ代が2000円くらいになる

格安SIMの最大のメリットは月々の利用料が安くなることです。格安SIMの音声通話ができる3GBプランの相場は1,600円なので、かけ放題を利用しなければ月々の利用料が1,600円+通話料となるため、あまり通話をしない人であれば約2,000円のスマホ代となります。

 

②かけ放題が10分になる

ドコモなどの大手キャリアには「5分かけ放題(1,700円)」と、どれだけかけても定額の「かけ放題(2,700円)」がありますが、格安SIMは「10分かけ放題(約850円)」が主流となっています。そのためどれだけかけても定額のかけ放題を使用していた方は、かけ放題の時間が短くなってしまいます。

かけ放題を提供している格安SIMの比較はこちらで紹介しています。

格安SIMのかけ放題プラン徹底比較

 

③キャリアメールが使えなくなる

ドコモの場合「◯◯◯@docomo.ne.jp」というアドレスがありますが、このアドレスはドコモを解約(格安SIMに乗り換え)たときに使えなくなります。

LINEやGmailをすでに利用している方であれば問題ありませんが、このアドレスが無くなってしまうと困るという方は乗り換えを止めた方がいいと思います。

 

④キャリア決済が使えなくなる

キャリア決済とはスマホの利用料と一緒にネットショッピングの代金やスマホゲームの課金などを合算して支払うことができるシステムですが、格安SIMではこのようなシステムはありません。

そのため、基本的に格安SIMではクレジットカードでネットで買い物やゲームの課金をしなければいけません。

シム王様
格安SIMではクレジットカードを持ってないと申し込みもできないところが多いし、結構不便になるぞ。

 

クレジットカードを持ってなくても申し込むことができる格安SIMはこちらで紹介しています。

クレジットカード不要!口座振替でも申し込みできる2つのMVNO紹介

 

⑤駆け込み寺的な店舗が無くなる

ドコモなどの大手キャリアは日本全国にショップがあり、わからないことを聞いたり、プランの変更をショップで行うことができます。

しかし格安SIMでは基本的にネットで申し込み・ネットでプランの変更などを行うことになるため、わからないことがあったらすぐにショップに駆け込んでいる方は何かあったときに困ってしまうかもしれません。

 

全国にショップがあり、サポートをしてくれるMVNOも存在します。くわしくは…

困ったときにショップで対応してくれる全国に店舗があるMVNOを紹介

 

⑥混み合う時間に速度が遅くなるかも

格安SIMに乗換えることで最も大きなデメリットはここかもしれません。

格安SIMは大手キャリアから設備を借りて運営しているので「朝・昼・夕方」などの混み合う時間帯になると極端に速度が遅くなり、動画が止まったりサイトの表示に時間がかかってしまうことがあります。

シム王様
格安SIMは混み合う時間帯は満員電車みたいな感じになって快適では無い場合もあるぞ。
ネコ王子
ということは大手キャリアは快適なグリーン車ってことか。

 

 

格安スマホに乗り換えて変わる2つのこと

では次にスマホも買い替えた場合に変わる2つのことを紹介します。

①おサイフケータイが使えなくなるかも

格安スマホは海外メーカーの製品が多いため、日本独自の機能である「おサイフケータイ、ワンセグ、防水」に対応していない機種がほとんどです。

数は少ないですが日本メーカーも格安スマホを製造していますので、おサイフケータイなどが使えなくなると困る方は日本メーカーの格安スマホの購入をおすすめします。

おサイフケータイを搭載している格安スマホをおすすめ順に紹介

 

②LINEのID検索からの友だち登録ができなくなるかも

LINEのID検索から友だち登録をするにはドコモ・au・ソフトバンクのアカウントを利用して年齢認証を行うことで利用できるようになります。

ドコモなどで購入したスマホのまま乗り換えているときはID検索は使えますが、スマホを買い替えたときにID検索ができなくなります。

現在LINEのID検索ができる格安SIMはLINEモバイルだけとなっているため、スマホを買い替えたときにID検索ができなくなるのが困る方はLINEモバイルをおすすめします。

格安SIMでLINEの年齢認証ができるのはLINEモバイルだけ!LINEモバイルでLINEの年齢認証をする方法

 

格安SIM・格安スマホに乗り換えて変わらないこと

格安SIM、格安スマホに乗り換えても今使っているアプリは使えるため、使用感などは混み合う時間帯に速度が遅くなる場合があるのを除いてはほぼ変わりません。

そのため、今回紹介した8つ(6+2)の変わることを確認して問題無さそうだな。と感じる方でスマホ代を節約したいと思っている方は乗り換えをおすすめします。

どの格安SIMがいいのかわからない方はこちらでおすすめの格安SIMを紹介していますので参考にしていただければと思います。

格安SIMを料金・かけ放題・縛り・通信速度・カウントフリーで徹底比較!あなたにおすすめの格安SIMを紹介

-豆知識

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2018 All Rights Reserved.