LINEモバイル

子供や両親にLINEモバイルをプレゼントしたい!LINEモバイルの利用者と契約者が違う場合の申込方法

更新日:

LINEモバイルは月に500円から利用できLINEがカウントフリーで使い放題になることから、自分の子供や高齢になった両親にLINEで連絡が取れるようにスマホやタブレットを持たせLINEモバイルを契約したいと考えている方もいるでしょう。

その場合LINEモバイルの契約者と利用者が異なることになるため、契約者と利用者が異なる場合どのように契約をすればいいのかを紹介していきたいと思います。

 

ネコ王子
契約する人と使う人が違っても契約できるんだ
シム王様
そうじゃ。ネコ王子がお父さんにLINEモバイルとタブレットをプレゼントするということもできるぞ
ネコ王子
あっそういうことか!

 

 

契約者と使用者が違う場合の申込方法

LINEモバイルを申し込みする際にまず契約者の情報を入力します。LINEモバイルの支払い方法はクレジットカードかLINE Pay(LINE Payカードも可)になりますが、契約者とクレジットカードの名義が同じでなければ審査が通らないため、支払いをする方の情報を登録します。

1.契約者(支払いをする方)の情報を入力

お客様情報入力にはLINEモバイルの支払いをする方の情報を入力します。また住所の入力もすることになりますが、この住所にLINEモバイルのSIMカードなどが送られてきます。

 

2.利用者の情報を入力する

利用者の設定についての項目で「利用者と契約者が違います」を選択すると、利用者の名前、性別、生年月日を入力します。

 

生年月日を入力し、もし利用者が未成年の場合はフィルタリングアプリ(iフィルター)を利用するかどうかを選択します。

 

3.電子交付または書面交付の選択

契約者の身分証明書をスマホやPCからアップロードするか、郵送するかを選択することになりますが、電子交付の方が非常に楽です。

ここで入力は一旦終わり、登録したメールアドレス宛にメールが届き、身分証明書のアップロードや支払い方法を入力します。

 

4.身分証明書をアップロードする

スマホやデジカメで免許証などの身分証明書を撮り、アップロードします。アップロードできる画像は複数枚可能なため、住所が見えづらかったり裏に正しい住所が記載されている場合は裏もアップロードします。

また、契約者情報で入力した住所と身分証明書の住所が異なる場合は審査に通らない可能性があるため、どちらも同じ住所である必要があります。

 

5.支払い方法を選択する

こちらも契約者情報と同じ名義でなければ支払いができないため、クレジットカードの場合は契約者とクレジットカードの名義が同じである必要があります。

 

 

6.ログインID・パスワードを決める

ログインID・パスワードはLINEモバイルのマイページにログインする際に利用するものになります。このマイページでは契約プランの変更や解約、そして料金の確認などができます。

 

これで申し込みは完了となります。

 

利用者と契約者が異なる場合の注意点まとめ

 

SIMカードやスマートフォンの送り先は契約者の住所になる

LINEモバイルで契約したSIMカードやスマートフォンは契約者の住所へ送付されます。利用者の入力欄には住所の項目がないため、契約者の元に届いたSIMカードやスマートフォンを利用者の元に自分で送るようになります。

 

シム王様
子ども用に契約するんだったら同じ家に住んでることが多いと思うが、親の場合離れて暮らしていることが多いじゃろうから、その場合は自分で初期設定をしてあげて、親の元に送るようにするのがいいと思うぞ
ネコ王子
そっか。うちの親にいきなりSIMカードを送りつけても設定できないだろうからな

 

契約者とクレジットカードの名義は同じでなければいけない

LINEモバイルは代理で申し込むことはできないため、契約者とクレジットカードの名義は同じでなければいけません。

そのため、契約者が自分でクレジットカードの名義が親などという場合には審査が通らないため、注意が必要です。

 

シム王様
つまりは自分の親や子ども用のスマホやタブレットを購入してあげて、月々の支払いも自分で支払わなければいけないということじゃな
ネコ王子
なるほど。その方法で自分の親や子供にLINEモバイルをプレゼントできるのか

 

プレゼントにはLINEモバイルの500円プランがおすすめ

とりあえず親や子どもにスマホかタブレットを持たせたいという場合には500円で利用できるLINEフリープランがおすすめです。

LINEフリープランはLINEの利用がカウントフリーとなり、トークはもちろん画像・動画の送受信、無料通話・ビデオ通話などが使い放題になるため、LINEで連絡を取るのに500円以外の料金は発生しません。

詳しくは「LINEモバイルの500円で利用できる「LINEフリープラン」ってどんなことができるの? 」で紹介しています。

また、LINEモバイルでは音声通話を付けない「データ通信のみ」のタイプであれば解約金は一切発生しないため、もし必要無くなったとしてもいつでも解約金無料で解約できるというメリットがあります。

 

シム王様
LINEフリープランのネット専用のプランだと月額500円で利用できるからプレゼントには持って来いじゃな
ネコ王子
すごっ!それならボクでも負担がかからないから気軽に親にプレゼントできるぞ

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

両親に孫の顔をビデオ通話や写真で見せたいならLINEモバイルの500円プランがおすすめ

LINEモバイルで買えるタブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0Pro」は片手で持ちやすく電子書籍を読みやすいブルーライト軽減機能あり

LINEモバイルの評判は?実際に使ってみた感想や口コミからLINEモバイルを検証

おすすめSIMランキング

格安SIMが安いのはわかるけど、たくさんありすぎてどこがいいのかわからない…

そんなアナタのために、おすすめの格安SIMを紹介します。

1位:LINEモバイル

LINE・Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSアプリがカウントフリー(無制限)で利用でき、カウントフリー対象のアプリは、通信速度制限がかかっても高速で利用可能。

また格安SIMの中でもトップクラスに通信速度が速いのも特徴。

2位:mineo(マイネオ)

コミュニティサイト「マイネ王」でわからないことを質問したり、フリータンクで毎月1GBデータを無料でもらえたりなど独自のサービスで人気の格安SIM。

全国にマイネオのショップもあるため、スマホに詳しくない方におすすめ。

3位:楽天モバイル

楽天のサービスで獲得した楽天スーパーポイントを利用してスマホの購入や楽天モバイルの支払いも可能。

もちろん楽天モバイルを利用した分のポイントも貯まります。楽天のサービスをたくさん利用している方におすすめ。

 

-LINEモバイル
-

Copyright© iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え【SIMキング】 , 2017 AllRights Reserved.