LINEモバイル 楽天モバイル 比較

【徹底比較】LINEモバイルと楽天モバイルはどっちがいい?

更新日:

LINEモバイルと楽天モバイルはどちらもドコモ回線を利用している格安SIMということでドコモからの乗り換えを検討している方の候補となる格安SIMです。

LINEモバイル・楽天モバイル共に評判がいい格安SIMのため、どちらに決めても失敗はありませんが、ここにしか無いという独自のサービスがあるため、スマホの使い方によって自分にとってよりお得な方を選べるように徹底比較をしていきたいと思います。

 

 

LINEモバイルにしか無い特徴(楽天モバイルには無い)

まずLINEモバイルの特徴を簡単に紹介します。

・ネットのみのプラン(1GB)で500円で利用できる

・LINEやTwitterなどのSNSアプリが使い放題になる

・LINEでサポートへの問い合わせができるため、気軽に質問できる

・LINEのID検索が格安SIMで唯一可能

・LINEの友だちにデータをプレゼントできる

・余ったデータは自動繰越しされる

・LINEで簡単にデータ残量を確認できる

 

500円でLINE使い放題のプランあり

LINEモバイルには月額500円で1GBまで利用できるLINEフリープランがあり、LINEの新規アカウント作成にもSMS認証が必要なく、他社の格安SIMではできないLINEの年齢認証もできることから格安でLINEのアカウントを作りたい方にはおすすめのプランとなっています。

LINEフリープラン価格

タイプ 月額料
データ通信SIM 500円
データ通信SIM+SMS 620円
音声通話SIM 1,200円

 

主なSNSアプリがカウントフリー(使い放題)

LINEモバイルの最大の特徴はSNSアプリが使い放題になることです。

たとえば一番利用者が多いプラン「コミュニケーションフリープラン」ではLINE・Twitter・Facebook・Instagramがカウントフリー対象アプリとなり、これらのアプリをどれだけ使用してもデータを消費しません。

また、データを使い切って通信速度制限がかかったとしてもカウントフリー対象のアプリは常に高速で利用できる(カウントフリー対象アプリには通信速度制限は無い)ため、LINEモバイルはこれらのアプリをたくさん利用している方におすすめです。

 

LINEの年齢認証が可能

LINEの年齢認証をして18歳以上の確認ができるとLINEのID検索ができるようになり、IDからLINEの友だち追加ができるようになります。

逆に言うとLINEモバイル以外の格安SIMに乗換えるとLINEのID検索ができなくなるため、LINEの友だち追加は直接会って「ふるふる」や「QRコード撮影」のみになってしまいます。

ちなみに、年齢認証ができる格安SIMはLINEモバイルのみです。

 

LINEでデータ残量を確認できる

LINE公式アカウントを友だち追加するとLINE公式アカウントから今月のデータ消費量や残りのデータ容量を確認することができるため、わざわざマイページにログインして確認する必要がありません。

 

LINEでサポートに問い合わせ可能

一般的に格安SIMでのサポートは電話もしくはメール対応となります。もちろんLINEモバイルでも電話・メールサポートはありますが、それに加えてLINEでのサポートにも対応していて、LINE公式アカウントを友だちに追加することによってLINEで質問ができるようになります。

サポートの相手はAI(人工知能)とオペレーターのどちらかを選択することができるので、まずAI相手に質問をしてみてそれでも解決しない場合はオペレーターへ接続するという方法も可能ですし、いきなりオペレーターへ接続することも可能です。

メールや電話で問い合わせするのは面倒…気軽にLINEで問い合わせをしたいという場合におすすめの問い合わせ方法となります。

 

フィルタリングアプリ「iフィルター」が無料で使える

iフィルターとは子どもが使うスマホに入れておきたいアプリで、月々300円ほど通常はかかるのですが、LINEモバイルのユーザーであれば無料で使うことができます。

◆iフィルターでできること

・指定したサイトへのアクセスを制限する

・指定したアプリの使用を制限する

・スマートフォンを使用できる時間帯を指定できる

・インターネットが利用できる時間帯を指定できる

 

初めて子どもにスマホを持たせるのは少し恐いところもありますが、親がこのアプリを使って使い方に制限をかけたり、監視をすることで変な使い方を防止することが可能になります。

 

 

 

楽天モバイルにしか無い特徴(LINEモバイルには無い)



無制限のかけ放題

楽天モバイルには5分かけ放題と無制限のかけ放題の2つのかけ放題がありましたが、無制限のかけ放題は2018年2月28日をもってサービス終了となるため、現在5分かけ放題のみとなっています。

 

スマホのセールが頻繁に行われている

楽天モバイルから販売されている機種は非常に多く、頻繁にスマホ本体のセールが行われています。

例えば人気のZenFone3が23,800円(LINEモバイルでは35,800円)で販売されたり、ZTE BLADE E01は680円(LINEモバイルは取扱なし)など、格安のスマホから高性能なスマホまで数多くの機種から選択できるのも魅力です。

 

大容量プランあり

楽天モバイルには20GB・30GBの大容量プランがあり、大容量プランを用意している他の格安SIMと比べても比較的安い価格で大容量プランを利用できます。

 

 

シム王様
片方にしかない特徴を紹介したところで共通するところを比較していくぞ。

 

料金プラン比較

LINEモバイルには3つのプランがありますが、一番人気のコミュニケーションプランで料金プランの比較をしてみたいと思います。

音声通話SIM LINEモバイル 楽天モバイル
200kbps低速プラン - 1,250円
3GB 1,690円 1,600円(3.1GB)
5GB 2,220円 2,150円
7GB 2,880円  -
10GB 3,220円 2,960円
20GB  - 4,750円
30GB  - 6,150円

楽天モバイルにはSNSアプリならぎりぎり問題なく利用できる200kbpsという低速のプラン「ベーシックプラン」がありますが、ベーシックプランでネット閲覧や動画の視聴はかなり厳しいため、ほとんどネットを利用しない人向けのプランとなります。

そして価格だけで見ると楽天モバイルが全てのプランで安くなっています。

シム王様
LINEモバイルは少し高いが、高い分SNSアプリが使い放題になるからそこをどう見るかじゃな。
ネコ王子
SNSアプリで2GB使っているとすると楽天モバイルの5GBよりもLINEモバイルの3GBで契約した方が断然お得ってことか!

 

最安プランではLINEモバイルの方がお得

楽天モバイルはライトユーザー向けには200kbpsという低速のプランしかありませんが、LINEモバイルには1GBまで高速で利用できるプランがあります。

そのため最安プランで利用したい場合はLINEモバイルの方がお得になります。

データ通信SIM

楽天モバイル LINEモバイル
価格 525円(200kbps使い放題) 500円(高速1GB)

 

◆料金プランでの比較結果

全体的な料金は楽天モバイルの方が安いが、SNSアプリの利用が多い人はLINEモバイルの方が安くなる可能性もある

 

かけ放題での比較

楽天モバイルには5分かけ放題、LINEモバイルには10分かけ放題があります。

LINEモバイル 楽天モバイル
5分かけ放題 - 850円
10分かけ放題 880円 -

LINEモバイルは楽天モバイルの5分かけ放題にプラス30円で10分かけ放題が利用できるため、かけ放題ではLINEモバイルの方がお得になっています。

また、かけ放題のオプションを追加しなくても無料で利用できる通話料半額アプリはLINEモバイル(アプリ名:いつでも電話)、楽天モバイル(アプリ名:楽天でんわ)共に用意されています。

 

◆かけ放題での比較結果

LINEモバイルの方がお得

 

通信速度で比較

では次に通信速度で比べてみたいと思います。特に通信速度が遅くなりやすい「朝・昼・夕方」に測定した結果を紹介しています。

データ:MMD研究所調べ

2017年2月 LINEモバイル 楽天モバイル
ダウンロード アップロード ダウンロード アップロード
9~10時 10.5 4.7 9.2 5.2
12~13時 4.9 8.4 4.7 5.5
17~18時 8.2 5.0 5.7 5.7

単位はMbps

ほとんど通信速度での違いはありませんが、ダウンロードではLINEモバイルの方が若干高速になっています。

シム王様
ちなみにネットや動画を満足に見ることができる通信速度は3Mbpsあれば十分じゃ。

なのでそこまで通信速度の速さにこだわる必要もないから、参考程度に見てくれ!

 

◆通信速度での比較結果

通信速度はほぼ同じ

 

貯まったポイントの使い道

LINEモバイル・楽天モバイル共に100円の利用につき1ポイントのポイントを貯めることができます。

 

LINEモバイルのポイントの使い道

・LINE Payにチャージ

・LINEストアでスタンプや着せかえを購入

・LINE MUSICのクーポン購入

・Amazonギフト券に交換

・nanacoポイントに交換

・JALマイレージバンクに交換

・ペトロポイントに交換

・Pontaポイントに交換

 

LINE Payはコンビニや家電量販店などたくさんの加盟店があるため、LINEモバイルで貯まったポイントをLINE Payにチャージして利用することで非常に利用の幅が広がります。

 

楽天モバイルのポイントが使えるところ

楽天モバイルはその名の通り楽天が運営しているため、楽天のサービスでポイントを利用できます。

・楽天が運営しているサイトやサービス(楽天市場・楽天ブックス・楽天トラベルなど)

 

また、楽天ポイントカードを持っていれば以下のような店舗でも利用できます。

・マクドナルド

・くら寿司

・ペッパーランチ

・サンクス

・松坂屋

・ダイコクドラッグ

・ツルハドラッグ

など多数

 

そして、楽天のサービスで貯まったポイントは共通のため、あらゆる楽天のサービスを頻繁に利用ている方であればたくさんのポイントを貯めることができるというメリットがあります。

シム王様
例えば楽天カードで楽天モバイルの料金を支払えば、どちらにもポイントが貯まるから2倍のポイントを貯めることができるようになるぞ。

 

結果(使い方によって決めよう)

LINEモバイル・楽天モバイルどちらにも良い点があり、どちらがいいとは一概には言えません。

そこでどのようなタイプの人がどちらに向いているかを紹介したいと思います。

 

・LINEやTwitterなどを頻繁に利用するならLINEモバイル

・電話をかけることが多い方は10分かけ放題があるLINEモバイル

・スマホをできるだけ安く買いたい方はセールを頻繁に行っている楽天モバイル

・YouTubeなどの動画をたくさん見てデータをたくさん消費しているなら大容量プランがある楽天モバイル

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

LINEモバイルって実際どうなの?特徴、価格、カウントフリーなどを徹底解説

楽天モバイルの評判は?特徴、価格、口コミなどから楽天モバイルを徹底解説


-LINEモバイル, 楽天モバイル, 比較
-,

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2018 AllRights Reserved.