UQmobile 格安スマホ

UQモバイルから販売される耐衝撃・防水対応の「DIGNO V」の特徴とは

投稿日:

UQモバイルから2017年7月中旬に京セラ製のスマホ「DIGNO V」が発売されます。

日本製のスマホとなっているため、防水・おサイフケータイに対応。そして強化ガラスを採用したディスプレイでキズがつきにくく衝撃に強い構造になっているのが特徴です。

 

DIGNO Vの特徴

米国国防総省の調達基準の6項目に準拠した試験を実施

米国国防総省の調達基準の以下6項目に準拠した試験を実施し、高い耐久性を確認しています。

落下

高さ約1.22mから26方向で合板(ラワン材)に落下させる試験

 

振動

3時間(3方向各1時間/20~2,000Hz)の振動試験

 

高温動作

動作環境:50℃で連続3時間

 

高温保管

保管環境:60℃で連続4時間の高温耐久試験

 

低温動作

動作環境:-21℃で連続3時間

 

低音保管

保管環境:-30℃で連続4時間の低温耐久試験

 

ネコ王子
50℃のところや-20℃のところには行くこと無いし、落としても大丈夫だったらケース付けなくても良さそうですね。
シム王様
そうじゃな、耐久性は抜群じゃ。

ただし完璧に壊れないという保証は無いから、自分で地面に叩きつけたりするような実験はしないようにな。

 

電源ボタンが正面に

一般的にはスマホの右側にある電源ボタンですが、DIGNO Vは正面下部に配置されています。

そのため、手を持ち変えることなく電源を入れたり、画面を点灯することが可能です。

シム王様
このボタンは電源を入・切ができるだけでなく、画面の点灯・消灯も可能なんじゃ。

 

相手の声をクリアに聞き取るスマートソニックレシーバー

ディスプレイ全体を振動させて声を伝える独自の技術を採用し、耳に当てる位置を気にすることなく通話することができます。

また、相手の声が聞こえにくい場合や大きすぎる場合は「やわらかく」「はっきり」「おさえめに」の中から選択できる「聞こえ調整」という機能があります。

 

着信に気づきやすい機能あり

同じ相手から10分以内に2回以上の不在着信が続くと段階的に着信音を大きくしたり、バイブを長めにするなど着信に気づきやすい機能があります。

 

DIGNO Vスペック

OS Android7.1
CPU MSM8937/1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア
メモリ(RAM) 2GB
メモリ(ROM) 16GB
SDカードスロット あり(最大256GB)
ディスプレイ 5.0インチ
バッテリー 2600mAh
カメラ メイン:1300万画素、インカメラ:500万画素
ネットワーク 下り最大150Mbps
おサイフケータイ
ワンセグ ×
防水・防塵
テザリング
緊急地震速報
サイズ(高さ×幅×厚さ) 146×73×8.9mm
重量 139g
カラー ホワイト、ネイビー

 

日本製のスマホにはよく搭載されている「ワンセグ」がDIGNO Vにはありません。

そのため、テレビをスマホで見たい方にはおすすめできませんが、スマホをよく落として壊す事があるという方やおサイフケータイが必須な方にはおすすめです。

シム王様
おサイフケータイや防水対応は海外のメーカーには無い機能じゃからな。

格安スマホは海外製が多いからこれらの機能は貴重なんじゃ。

ネコ王子
たしかに。もうおサイフケータイが使えないと不便だもんなぁ

 

UQモバイルから販売されている機種で全部入りのスマホはAQUOS L2があります。

参考記事:UQモバイルで「100円」で購入できるAQUOS L2の特徴とは

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

HUAWEI P10 liteのサクラピンクが購入できるのはUQモバイルだけ!

スマホ「1,980円」のUQモバイルのプランとは?ついにauからの乗り換えも割引対象に!

UQモバイルでiPhoneSEを買うとSIMフリー版を買うより2万円安く購入できる!

-UQmobile, 格安スマホ
-

Copyright© SIMキング|iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2017 AllRights Reserved.