格安スマホ

5,000円の値下げでさらにコスパが良くなったZenFone3が一番安く買えるところはここだ!

更新日:

格安スマホの中でも最も人気が高く、コスパが良いZenFone3が2017年6月8日より5,000円引きの34,800円で販売されることになりました。

これによりさらにコスパが良くなるわけですが、ZenFone3を販売するMVNOも独自の割引をして販売しているため、どこで購入するかによって価格も異なります。

そこでどこでZenFone3を購入するのが最も安いのかを紹介したいと思います。

シム王様
ZenFone3は人気が高いから、ほとんどのMVNOが取り扱いをしているんじゃ。

ただし、価格はかなり差があるぞ。

ネコ王子
どこで買うかで値段違うんだ。知らなかった…

 

 

ZenFone3の価格比較

楽天モバイルはZenFone3を購入する際に通話SIMで契約するか、データSIMで契約するかによって価格が異なりますが、どちらにしても他社よりも安く購入できます。

MVNO 価格
楽天モバイル
(通話SIM申し込みと同時購入)
23,800円
楽天モバイル
(データSIM申し込みと同時購入)
28,800円
IIJmio 32,800円
mineo 39,600円
DMMモバイル 34,800円
BIGLOBE 39,600円
NifMo 33,334円
LINEモバイル 35,800円

 

 

シム王様
楽天モバイルはダントツ安いな。その次がIIJmioとなっているが、楽天モバイルは他に比べても1万円近く安く買えるから、ZenFone3をできるだけ安く買いたいという人にはおすすめじゃな。
ネコ王子
楽天モバイルって評判は良いんですか?
シム王様
楽天モバイルは物凄く評判が良いというわけではないが、速度も安定しているし、楽天ポイントも貯まるし、ポイントで支払いもできるから楽天のサービスをたくさん使っている人にはいいんじゃないかな?

 

楽天モバイルの詳細は「楽天モバイルの評判は?特徴、価格、口コミなどから楽天モバイルを徹底解説」で紹介しています。

 

ZenFone3の主な特徴

フルHDの解像度ディスプレイ

ZenFone3は5.2インチのディスプレイに解像度1980×1080のフルHDで、600nitsの高輝度で鮮やかに表示し暗い場所でも明るい場所でもクリアに見ることができます。

 

0.03秒の高速オートフォーカス

1600万画素のカメラに6400万画素相当で撮ることができる「超解像度モード」。どんな距離や明るさでも0.03秒で焦点を合わせることができる高速オートフォーカス。

ブレのない写真や動画を撮影できる光学式と電子式の両方の手ぶれ補正に対応しています。

※写真撮影では4軸光学式手ぶれ補正、動画の撮影は3軸電子式手ぶれ補正となります。

 

Snapdragon™ 625プロセッサ(オクタコア)と3GBのメモリ

Snapdragon™ 625プロセッサ(オクタコア)、メモリ(RAM)3GB搭載で、本体に負担がかかるゲームなどでももたつきがなく操作することができます。

 

USB Type-Cで急速充電に対応

USB Type-Cとは次世代のUSB規格で、裏表が無いためこれまでのように裏表を確かめて本体に差し込む必要がありません。

また、急速充電にも対応しているため、これまでのmicroUSBよりも、より高速に充電をすることができます。

 

ZenFone3スペック

OS:Android6.0

CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコアCPU)2.0GHz

メモリRAM:3GB

メモリROM:32GB

microSD:microSD/microSDHC/microSDXC 最大2 TB

カメラ:メイン1600万画素、イン800万画素

ディスプレイ:5.2インチ

バッテリー:2650mAh

重さ:144g

サイズ(幅×高さ×厚さ):約73.9×146.8×7.69mm

入力端子:USB Type-C

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

どれがどう違うの?格安SIMと同時購入できる「ZenFone3シリーズ」を特徴別に紹介

HUAWEI P10シリーズの特徴・スペック比較。一番安く買えるMVNOはここだ!

失敗しない格安スマホの選び方と最新格安スマホおすすめ4機種紹介

-格安スマホ
-

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2017 AllRights Reserved.