LINEモバイル

LINEモバイルの初期費用は?申し込み時に初期費用・月額料は確認可能

更新日:

格安SIMに申し込む際に登録事務手数料として3,000円が発生するというのはどのMVNOでも共通しています。

SIMカード発行手数料(400円)に関してはMVNOが負担していることが多いため、申込時には初期費用として登録事務手数料の3,000円のみで申し込み可能となることが多いのですが、2017年2月よりLINEモバイルの申込時にSIMカード発行手数料として400円が必要になります。

 

2017年2月よりLINEモバイルの初期費用にSIMカード発行手数料400円がプラスされる

 

LINEモバイルは2017年2月1日申し込み分より、登録事務手数料「3,000円」に加え、SIMカード発行手数料として「400円」が追加されることになります。

 

2017/2/1(水)お申し込み分より、初期費用として株式会社NTTドコモが規定するUSIMカードの貸与に係る費用相当分として、「SIMカード発行手数料」を請求させていただくことになりましたので、お知らせいたします。

 

■改定時期

2017/2/1(水)お申し込み完了分より請求

■初期費用改定内容

<改定前>

・登録事務手数料 :3,000円

<改定後>

・登録事務手数料 :3,000円
・SIMカード発行手数料:400円

※合計:3,400円

LINE公式ブログより

 

シム王様
SIMカードの発行手数料はMVNO側が負担しているというところも多いから、初期費用は3,000円のみというところも多いんじゃが、LINEモバイルはお客が支払うようになるようじゃな
ネコ王子
そうだったんだ!まあ400円だしいいかな

 

申し込み時に初期費用・月額料は確認可能

LINEモバイルに申し込む際に、契約したいプランなどを選択すると画面上に初期費用と毎月支払う金額(通話料抜き)が表示されます。

シム王様
スマホを同時に購入したり、プランによって価格は変わってくるのでここで確認しよう!

 

LINEモバイルは申し込み月は月額料が無料になる

LINEモバイルの初期費用は契約事務手数料3,000円、SIMカード発行手数料400円の合計3,400円となりますが、契約した最初の月は月額料が無料になります。

たとえば、音声SIM付きのコミュニケーションフリープラン3GB(月額1,690円)で契約したとすると、その1,690円分が無料となります。

シム王様
LINEモバイルは他社から乗り換えたときに支払いが2重にならないようにLINEモバイルの方は無料にしてくれているんじゃ。
ネコ王子
なるほど。前のところを解約しても解約した月は1ヶ月支払いがあるけどLINEモバイルは無いってことか。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

LINEモバイルの購入方法・初期手数料・同時購入できるスマホまとめ

【格安SIMのデメリット】LINEの年齢認証ができない。格安SIMでLINEの年齢認証ができるのは「LINEモバイル」のみ

LINEモバイルって実際どうなの?特徴、価格、カウントフリーなどを徹底解説

-LINEモバイル
-

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2017 AllRights Reserved.