LINEモバイル

LINEモバイルで購入できる「ZenFone4 Selfie」と「ZenFone4 Selfie Pro」の違いとは

投稿日:




ZenFoneシリーズは価格の割には性能が良く、格安スマホの中でもトップクラスの人気があります。

もちろんLINEモバイルでもZenFoneシリーズは取り扱いしていて、その中に同じような機種である「ZenFone4 Selfie」と「ZenFone4 Selfie Pro」の取扱いがあります。

”Selfie”という名が付いている通り、どちらも自撮りが綺麗に撮れるというのがウリなのですが、”Pro”とそうではない機種の違いを紹介します。

シム王様
「ZenFone4 Selfie」と「ZenFone4 Selfie Pro」の違いを簡単に言うと、できることは同じなんじゃが”Pro”の方が性能が良いので価格も高くなっているんじゃ。

 

ZenFone4 Selfie/Proの特徴

それではZenFone4 SelfileとZenFone4 Selfie Proの特徴と違いを紹介していきます。

インカメラのデュアルレンズで自分だけの自撮りと集合写真の自撮りの切り替えができる(共通機能)

ZenFone4 Selfie(Pro)にはインカメラに2つのレンズを搭載し、クリアで色鮮やかな自撮りができるメインカメラと大勢の人の集合写真を自撮りするのに向いている120°の広角カメラを搭載しているサブカメラがあり、簡単にカメラの切り替えが可能です。

ZenFone4 Selfie Proは薄暗いところでも綺麗に撮れ、4K動画撮影にも対応

ZenFone 4 Selfie Proの前面メインカメラは、F値1.8のレンズと、1/2.55インチのSonyの最新IMX362イメージセンサーを搭載し、画素ピッチは1.4μmと大きいので、薄暗い場所でも、従来の約2倍も明るい写真が撮影できます。さらに、ASUS DuoPixel™ カメラテクノロジーで、2,400万画素相当の撮影が可能、そしてインカメラで4K動画の撮影も可能です。

シム王様
”Pro”の方はSONYのイメージセンサーを搭載しているというのが強みじゃな。

 

インカメラの違い

ZenFone4 Selfie:デュアルレンズ搭載

ZenFone4 Selfie Pro:デュアルレンズを搭載し、SONYのイメージセンサーを採用、暗いところでも綺麗に撮れ、4K動画撮影も可能

 

ZenFone4 Selfie Proのアウトカメラは約0.03秒の高速オートフォーカスと4K動画撮影に対応

どちらもアウトカメラは1600万画素と画素数は同じですが、ZenFone4 Selfieは位相差検出オートフォーカス(PDAF)のみ対応、ZenFone4 Selfie ProはSony製のイメージセンサーとASUS SuperPixel™ エンジンからなる1,600万画素のカメラを搭載し、約0.03秒の超高速位相差検出オートフォーカスの対応、そして4K動画撮影にも対応しています。

シム王様
こちらも”Pro”の方がSONYのイメージセンサーを搭載し、暗いところで綺麗に撮れ、高速オートフォーカス対応、そして4K動画撮影も可能になってるぞ。

 

メインカメラ(アウトカメラ)の違い

ZenFone4 Selfie:1600万画素、位相差検出オートフォーカス(PDAF)のみ対応

ZenFone4 Selfie Pro:1600万画素、SONYのイメージセンサー搭載し約0.03秒の高速オートフォーカス、4K動画撮影可能

 

”Pro”は高い強度と透明性を誇る「ゴリラガラス」を採用

ZenFone4 Selfie Proは高い強度と高い透明性を誇るゴリラガラスを採用し、薄さ約6.85mmの超薄型ボディーとなっています。

ディプレイの違い

ZenFone4 Selfie:5.5インチ IPS液晶、HD(1,280×720ドット)

ZenFone4 Selfie Pro:5.5型 AMOLEDディスプレイ フルHD Corning® Gorilla® Glass 3

シム王様
ディスプレイの違いじゃが、”Pro”は高い強度のゴリラガラスを使っているのと、フルHDという画面が綺麗なところが異なる点じゃな。

 

どちらも高い性能が特徴

どちらもメモリ(RAM)4GBとメモリ(ROM)の64GBは共通ですが、CPUは”Pro”の方が高スペックとなっています。

CPUの違い

ZenFone4 Selfie:Qualcomm® Snapdragon™ 430(オクタコアCPU)

ZenFone4 Selfie Pro:Qualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコアCPU)

シム王様
どちらも8つのコアを持つオクタコアじゃが、「430」と「625」ということでProの方が性能は高いので、どちらかと言うとProの方がサクサク動くぞ。

 

「ZenFone4 Selfie」と「ZenFone4 Selfie Pro」のスペック比較

スマホの場合は左右にスクロール可能です。

ZenFone4 Selfie ZenFone4 Selfie Pro
OS Android7.1.1 Android7.1.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430(オクタコアCPU) Qualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコアCPU)
通信速度 下り:最大150Mbps
上り:最大50Mbps
下り:最大300Mbps
上り:最大50Mbps
メモリ(RAM) 4GB 4GB
メモリ(ROM) 64GB 64GB
SDカードスロット あり あり
メインカメラ 1600万画素 1600万画素
インカメラ メイン:2000万画素
サブ:800万画素(120°広角カメラ)
メイン:1200万画素
サブ:500万画素(120°広角カメラ)
バッテリー 3000mAh 3000mAh
ディスプレイ 5.5インチ IPS液晶、HD(1,280×720ドット) 5.5型 AMOLEDディスプレイ フルHD Corning® Gorilla® Glass 3
指紋認証センサー あり あり
SIMサイズ nanoSIM×2 nanoSIM×2
サイズ(幅×奥行き×厚み) 75.9mm×155.6mm×7.8mm 74.8mm×154.0mm×6.85mm
質量 約144g 約147g
カラー ローズピンク、サンライトゴールド、ネイビーブラック ネイビーブラック、クラシックレッド、サンライトゴールド
価格 一括:29,800円
分割:1,290円/24回
一括:43,800円
分割:43,800円/24回

 

ZenFone4 Selfie Proのみの特徴まとめ

・SONYのイメージセンサーを搭載し、暗いところでも綺麗な写真が撮れる

・4K動画の撮影ができる

・メモリ(RAM、ROM)は同じだが、CPUは”Pro”の方が性能が良い

・ゴリラガラスを搭載し、ディスプレイの強度が高いため画面が割れにくい

シム王様
主な違いはこんなところじゃが、価格が14,000円違うからその価格の差ほどProに魅力を感じるかどうかじゃな。

 

-LINEモバイル
-

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2018 AllRights Reserved.