LINEモバイル

LINEモバイルで買えるタブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0Pro」は片手で持ちやすく電子書籍を読みやすいブルーライト軽減機能あり

更新日:

LINEモバイルから7.0インチのタブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0Pro」が24,800円で販売開始になりました。

HUAWEI MediaPad T2 7.0Proはタブレットには珍しい指紋認証センサー付きで、4360mAhという大容量バッテリーも搭載しています。そして、音声通話SIMを利用することでスマホと同じように通話もすることができる機種となっています。

 

ネコ王子
タブレットなのに電話もできるんだ。でもこんなでかいの耳に当てて電話するのって扱いにくそうだな…

シム王様
今はBluetooth対応のイヤホンマイクもあるからそれを使って通話するのがいいと思うが、基本的にはメインのスマホがあって、サブでこれを持つということがおおいじゃろうから500円で利用できるLINEフリープランがおすすめじゃな

文庫本サイズで電子書籍が読みやすくブルーライト軽減機能あり

HUAWEI MediaPad T2 7.0Proは7.0インチ( 1920 x 1200ドット) の高解像度IPSディプレイを使用し、屋外では周りの明るさに合わせて明るさやコントラストを自動調整してくれる機能があり、電子書籍を読みやすいように視力保護モードでブルーライトを軽減してくれます。

 

シム王様
タブレットの目的はサイト閲覧、動画を大きい画面で見たいというのもあると思うが、マンガや小説などの電子書籍をこのサイズで見たいという人も多いんじゃないかと思うが、7.0インチというのは文庫本くらいのサイズでちょうど電子書籍を見やすいサイズなんじゃ
ネコ王子
あっそうか、7.0って微妙な大きさだなぁと思ってたけど、文庫本くらいのサイズだったらコミックスとも同じくらいのサイズになるのか
シム王様
そういうことじゃな。
それからブルーライト軽減の機能も付いてるから目が疲れにくいというのもあるから、電子書籍を見るのには持って来いじゃな

 

スペック

OS:Android5.1

CPU:MSM8939 オクタコア

メモリ:ROM16GB、RAM:2GB

カメラ:メイン1300万画素、インカメラ:500万画素

バッテリー容量:4360mAh

サイズ:幅105.8mm×奥行き187.4mm×厚み8.2mm

重量:250g

ディプレイ:7.0インチ( 1920 x 1200ドット)

SIMサイズ:nanoSIM

その他:指紋センサー

カラー:ホワイト、ゴールド

価格:24,800円

 

不満点としてはデータを保存できるメモリ(ROM)が16GBと少ないところと、SDカードが利用できないというところです。

OSもAndroid5.0と少し古いのも気になりますが、今後Android6.0にアップデートする可能性もあるため、あまり問題ではないでしょう。

 

シム王様
タブレットでたくさん写真を撮るということはあまりないと思うからそこまでROMの容量は必要無いとは思うが、16GBでSDカードが使えないというのは不満ありじゃな
ネコ王子
写真をたくさん撮らなければ問題ないってことですか?
シム王様
そうじゃな写真・音楽が入っていなければ全然問題は無い。それから今は音楽もGooglePlayMusicやLINE MUSICなどネット上にある曲を再生するサービスもあるから、もうそんなにROMの容量は必要ないかもしれないな。
とくにタブレットはサブで使うものだからな
ネコ王子
そっか、容量が多くて値段が高いよりも少なくして安くなった方がいいからな

 

HUAWEI MediaPad T2 7.0Proにおすすめのプランは500円で利用できるLINEフリープラン

LINEフリープラン価格

 データ通信 音声通話+データ通信
 カウントフリー  LINE
 1GB 500円 1,200円
 +SMS +120円 無料

LINEフリープランはデータ通信のみのタイプであればたったの500円で利用できるプランで、LINEのメッセージはもちろん、音声通話もカウントフリーとなり、どれだけ利用してもデータを消費しません。

1GBしかデータの容量は選択できませんが、LINEのサブアカウントを格安で作りたい、自宅にWi-Fiがあるという場合には1GBで全く問題ないでしょう。

 

ネコ王子
月々500円でこれ使えるの?
シム王様
契約時に手数料とSIMカード発行手数料の合計で3,400円かかるが、それ以降はずっと500円で利用できるぞ
ネコ王子
すごっ!2台持ちだと合わせたら何千円も高くなると思ってたら、プラス500円で持てるんだ…

 

LINEモバイルであればLINEの新規登録時にSMS認証をしなくても新規アカウントを作成することができるため、プラス120円かかる「SMS」を付ける必要がありません。そしてLINEの年齢認証も格安SIMの中でLINEモバイルだけができるため、LINEのIDで友達登録をすることが多い人にとっては便利な機能となります。

タブレットを格安で利用でき、LINEのアカウントももう一つ作りたいという方には「HUAWEI MediaPad T2 7.0Pro」と「LINEフリープラン」の組み合わせが最適ではないでしょうか?

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

LINEモバイルの通信速度を計測してみたら1日通して爆速だった!

LINEヘビーユーザーの格安SIMの乗り換え先に「LINEモバイル」をおすすめする5つの理由

ドコモからLINEモバイルに乗り換えてみて感じたメリットとデメリット

LINEモバイルから2万円で購入できるコスパ最強の格安スマホ「HUAWEI nova lite」が発売!

-LINEモバイル
-,

Copyright© SIMキング|iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2017 AllRights Reserved.