比較

【徹底比較】OCNモバイルONEと楽天モバイルはどっちがいい?

更新日:

OCNモバイルONEと楽天モバイルは同じドコモ回線を利用し、契約数1位・2位を争う格安SIMの中でも最も人気が高いMVNOのため、OCNモバイルONEと楽天モバイルのどちらにしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、どちらの格安SIMに乗り換えればいいのか、特徴・価格・通信速度などで比較していきますので、乗り換えの際の参考にしていただければと思います。

 

シム王様
OCNモバイルONEと楽天モバイルはどちらもドコモ回線を利用しているから、ドコモからの乗り換えの場合SIMロック解除をすることなく今使ってるスマホをそのまま使えるというメリットがあるぞ。
ネコ王子
なるほどということはドコモからの乗り換えだったらスマホを買い換える必要が無いのか。

 

 

OCNモバイルONEの特徴

1.全国約82,000ヶ所のアクセスポイントでWi-Fiが無料で利用可能

2.二つのかけ放題を組み合わせると、ほぼ無制限かけ放題にできる

3.格安で2台持ちや家族での利用ができる

4.スマホ本体が格安で購入できる

 

1.全国約82,000ヶ所のアクセスポイントでWi-Fiが無料で利用可能

OCNモバイルONEでは全国に設置された80,000ヶ所以上のWi-Fiスポットで無料でスマホの接続ができます。

主なWi-Fiスポット

・スターバックス

・タリーズコーヒー

・PRONTO

・ロッテリア

・セブン-イレブン

・LAWSON

・イトーヨーカドー

・モスバーガー

など…

 

2.二つのかけ放題でほぼ無制限かけ放題にできる

OCNモバイルONEには「10分かけ放題」と「トップ3かけ放題」という2つのかけ放題オプションがあります。

・10分かけ放題(850円)…10分以内であれば通話料が無料となる

・トップ3かけ放題(850円)…その月によく通話した上位3人が自動的に通話料無料となる

 

そして、こちらの2つを合わせたオプションが「かけ放題ダブル」となり、月額1,300円で利用できます。

つまり、10分以内の通話が定額、そして長電話をする人も3人以内なら定額ということで、長電話を頻繁にする人が3人以内であれば、ほぼ無制限かけ放題と言っても過言ではありません。

 

3.格安でスマホ2台持ちや家族での利用ができる

OCNモバイルONEは複数のSIMカードを持つことができ、契約したデータ容量を分けて利用できるため、スマホ2台持ち、タブレットの利用、家族での利用など複数の契約が格安で可能になります。

SIMカードの追加料はデータ通信SIMでプラス400円/月、音声通話SIMでプラス1,100円となります。

SIMカード追加料

タイプ 追加料
データ通信SIM 400円
データ通信SIM+SMS 520円
音声通話SIM 1,100円

 

4.格安スマホが安い

OCNモバイルONEはセール中はもちろん他社の格安SIMと比べてもスマホ本体を非常に安く購入できます。

例えばおサイフケータイやワンセグ、防水を搭載している全部入りスマホ「arrows M04」は一括支払いで19,800円(セール時)となっています。

音声通話SIMとの同時申し込みの「らくらくセット」で購入する必要がありますが、楽天モバイルのスーパーホーダイのように長期契約の必要も無く、かけ放題とのセットという事も無いため、通話をするプランで購入するだけで格安でスマホが購入できます。

 

6.日単位コースが人気!

日単位プラン データ通信SIM 音声通信SIM
110MB 900円 1,600円
170MB 1,380円 2,080円

通常格安SIMの契約は1ヶ月間にどれだけのデータ容量を使用するかで契約しますが、OCNモバイルONEには「日単位」のコースがあり、1日110MB~170MBまで利用できるプランがあります。

今日はたくさん使いすぎてしまった…ということになっても明日になればまた高速通信に戻るため、月単位の契約のように月初に使いすぎた結果、月末に通信速度が来て困るということがありません。

また、日単位プランで使用しなかったデータは翌日に自動的に繰り越されます。(月単位プランは翌月まで繰り越しされる)

シム王様
月単位の音声通話SIM3GBプランは1,600円、日単位の110MBも1,600円なので、日単位の方が月のトータルではデータを多く使えるのでお得なんじゃ。
ネコ王子
110MB×30日=3.3GB使えるってことか。31日の月はさらにお得ってことだな。

 

 

楽天モバイルの特徴

 

1.100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まり、ポイントで支払い可能

2.5分かけ放題とデータがセットになったスーパーホーダイの契約でスマホ0円に!

3.複数契約で3ヶ月分無料

 

1.100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる

楽天と言えば、楽天市場・楽天カード・楽天トラベルなど様々な楽天のサービスを展開していますが、どのサービスを利用しても楽天スーパーポイントが貯まり、楽天モバイルももちろん100円につき1ポイントを貯めることができます。

これらのポイントは楽天のサービス共通となっているため、楽天市場などで貯まったポイントで楽天モバイルの支払いも可能ですし、楽天モバイルで貯まったポイントを楽天市場で利用することも可能です。

また、楽天カードを使用して楽天モバイルの支払いをすることで2倍のポイントを貯めることができます。

 

2.スーパーホーダイの長期契約で大幅割引あり

楽天モバイルには5分かけ放題とデータがセットになった「スーパーホーダイ」というプランがあり、このプランで2年または3年契約をすることで最大2万円引きでスマホを購入することができます。

また、スマホを同時購入しない場合は割引分の楽天スーパーポイントがもらえるため、このポイントで楽天モバイルの支払いをしたり、楽天市場など他の楽天サービスに利用することも可能です。

 

スーパーホーダイとは

スーパーホーダイは10分かけ放題とデータがセットになり、契約しているデータ容量を使い切っても最大1Mbps(通常200kbps)で利用できるため、通信速度制限で困っていた方におすすめのプランとなります。

また2年契約、3年契約など契約年数によって割引額も変わるため、楽天モバイルで長期で利用するとさらに割引額が大きくなります。

 

3.複数契約で3ヶ月間割引あり

2回線目の契約時には契約事務手数料3,394円、そして3ヶ月間の利用料金(20GB、30GBプランは対象外)が無料になります。

 

 

OCNモバイルONEと楽天モバイルの価格比較

全体的な価格は楽天モバイルの方が安くなっていますが、2017年2月よりOCNモバイルONEは5GBプランが価格そのままで6GBへ増量したため、楽天モバイルの5GBプランと同価格で6GBが利用できます。

そのため6GB限定であればOCNモバイルONEが安く、その他のプランでは楽天モバイルが安く利用できます。また楽天モバイルは20GB以上の大容量プランが他社の格安SIMと比べても安いのが特徴です。

データ通信SIMの価格比較

データ容量 OCNモバイルONE 楽天モバイル
110MB/日 900円  -
170MB/日 1,380円  -
3GB 1,100円 900円(3.1GB)
5GB - 1,450円
6GB 1,450円 -
10GB 2,300円 2,260円
20GB 4,150円 4,050円
30GB 6,050円 5,450円
速度制限プラン 1,800円(500kbps 16GBまで) 525円(200kbps 無制限)

 

音声通話SIMの価格比較

データ容量 OCNモバイルONE 楽天モバイル
110MB/日 1,600円  -
170MB/日 2,080円  -
3GB 1,800円 1,600円(3.1GB)
5GB - 2,150円
6GB 2,150円 -
10GB 3,000円 2,960円
20GB 4,850円 4,750円
30GB 6,750円 6,150円
速度制限プラン 2,500円(500kbps 16GBまで) 1,250円(200kbps 無制限)
シム王様
楽天モバイルは格安SIMの中でも料金が安いのが特徴なんじゃ
ネコ王子
なるほど、安さだったら楽天モバイルの方なんだ。

 

◆価格の比較結果

全体的な価格では楽天モバイルが安い(5~6GBプランはOCNモバイルONEの方がお得)

 

かけ放題の比較

 

OCNモバイルONEには「10分かけ放題」とその月にたくさん通話した上位3人が無料になる「トップ3かけ放題」、そしてその2つを組み合わせた「かけ放題ダブル」の3つのかけ放題があり、楽天モバイルは「10分かけ放題」となっています。

かけ放題 OCNモバイルONE 楽天モバイル
5分かけ放題 - -
10分かけ放題 850円 850円
トップ3かけ放題 850円 -
かけ放題ダブル 1,300円 -
かけ放題(無制限) - 2,380円(廃止)

かけ放題で比較すると楽天モバイルの5分かけ放題と同額で10分まで利用できるOCNモバイルの方がお得となり、長電話を良くする相手が3人以内であればトップ3かけ放題も魅力です。

一方、楽天モバイルは「かけ放題(無制限)」が2018年2月28日をもってサービス終了となってしまったため、現在は10分かけ放題のみとなっています。

シム王様
10分かけ放題も850円で利用できるし、トップ3かけ放題もあるし、かけ放題なら断然OCNモバイルONEの方がお得じゃ。
ネコ王子
たしかに、よく電話する人って3人くらいしかいないからOCNモバイルONEの方が良さそう…

 

◆かけ放題での比較結果

「10分かけ放題」「トップ3かけ放題」「かけ放題ダブル」が利用できるOCNモバイルONEが断然お得!

 

縛り期間・MNP転出費用比較

解約、もしくは他社へ乗り換えをしたいと思った時に縛り期間が長いと後悔してしまうかもしれません。そこでOCNモバイルと楽天モバイルの縛り期間、MNP転出費用を比較してみます。

MVNO名 縛り期間 解約手数料 MNP転出費用
OCNモバイルONE 6ヶ月 8,000円 3,000円
楽天モバイル 12ヶ月 9,800円 3,000円

※データ通信のみのタイプであればどちらも縛りはありません

ほとんどの格安SIMの縛り期間は1年ですが、OCNモバイルONEは6ヶ月と非常に短く、しかも6ヶ月以内に解約した場合でも8,000円と楽天モバイルと比べても安くなっています。

そのためOCNモバイルONEであれば、6ヶ月以降であれば解約は無料、他社への乗り換えも3,000円のみで可能です。

ネコ王子
縛り期間中に乗り換えたらいくらになるんですか?
シム王様
縛り期間中は解約手数料とMNP転出費用が同時にかかるから、OCNモバイルONEの場合11,000円、楽天モバイルだと12,800円となるな。
でもOCNモバイルONEは6ヶ月とかなり短いから失敗したと思ってもすぐに乗り換えられるから安心じゃな
ネコ王子
そっか、ドコモとかは2年だからなー
シム王様
それとドコモなどの大手キャリアは2年経った後の2ヶ月間のみが解約手数料がかからずに解約できるが、OCNモバイルONEや楽天モバイルは縛り期間が過ぎたらずっと解約金なしで解約できるぞ
ネコ王子
すごっ!っていうかそれが普通じゃないとおかしいと思うぞ

 

◆縛り比較結果

縛り比較ではOCNモバイルONEが期間が短く、手数料も安い!

 

通信速度の比較

通信速度ではほぼ互角ですが、お昼の時間帯には楽天モバイルの方が安定しています。

2017年2月 OCNモバイルONE 楽天モバイル
ダウンロード アップロード ダウンロード アップロード
9~10時 9.8 4.9 9.2 5.2
12~13時 2.1 11.1 4.7 5.5
17~18時 5.8 7.2 5.7 5.0

データ:MMD研究所調べ

単位はMbps

シム王様
3Mbps以上出ていればネットの動画も安定して見れるからどちらも比較的問題ない速度が出ているぞ。
ネコ王子
なるほど、速ければ速いほどいいっていうわけじゃないのか。

 

◆通信速度の比較結果

ほぼ互角。お昼の時間帯は楽天モバイルの方が少し安定

 

結果:総合ではOCNモバイルONEに軍配、安く利用するなら楽天モバイル

項目 結果
料金の安さ 楽天モバイルの方が全体的に安い
かけ放題 OCNモバイルONEの方が選択肢も多くお得
縛り OCNモバイルONEの方が縛り期間が6ヶ月と短く解約手数料も安い
通信速度 ほぼ互角だが楽天モバイルの方がお昼は安定

 

OCNモバイルONEは5GBプランが価格そのままで6GBに増量したり、10分かけ放題とトップ3かけ放題の2つのかけ放題が選べるなど、2017年2月から非常に魅力的な格安SIMとなりました。

結果的にOCNモバイルONEも楽天モバイルもほとんど変わりませんが、通話をたくさんする方はOCNモバイルONE、とにかく安く利用したい方は楽天モバイルがおすすめです。

 

通話をたくさんする方におすすめ
OCNモバイルONE公式サイトはこちら

とにかく安くスマホを利用したい方におすすめ
楽天モバイル公式サイトはこちら

-比較
-,

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2018 All Rights Reserved.