比較

格安SIMではスマホが壊れたときはどうするの?MVNOのスマホ修理オプションをまとめてみた

更新日:

大手キャリアの場合、スマホが故障してもオプションに入っていなくても費用は発生する場合が多いですが、修理依頼をすることができます。

一方、格安SIMではMVNOからスマホを購入することもできますが、Amazonなど他のストアで購入することもできます。そのためスマホが故障した場合は購入元かメーカーに修理依頼をすることになりますが、問い合わせ先が分かりづらいなど、修理依頼が困難な場合もあります。

そこでMVNOでは他社で購入したスマホでも修理・交換を対応してくれるオプションを用意しています。このオプションを付けることによって他のストアで購入したスマホでも修理を依頼することができるため、安心してスマホを使うことができるというわけです。

 

 

端末保証サービスオプション一覧(他社で購入したスマホも対象)

 MVNO名 オプション料/月額 修理代 交換代
1回目 2回目 1回目 2回目
 楽天モバイル  500円 無料 無料 4,000円 8,000円
 mineo  500円 無料 無料 5,000円 8,000円
 LINEモバイル  500円 4,000円 5,000円 4,000円 5,000円
 OCNモバイルONE  500円 無料 無料 4,000円 8,000円
 IIJmio  500円 無料 無料 4,000円 8,000円

こちらの表は他社で購入したスマホも対象になるオプションです。mineoはmineoで購入したスマホが対象になる端末安心保証サービス(月額370円)とmineo以外で購入したスマホも対象になる持ち込み安心保証サービス(月額500円)など、自社で購入したスマホと他社(キャリアから引き続き使っているスマホやSIMフリースマホなど)で購入したスマホで対象のオプションが分かれているMVNOもあります。

基本的にこのような端末保証サービスは、他社で購入したスマホも対象となっていますが、修理・交換を依頼できる回数は合計で2回までとなり、修理費の上限が決まっていて、その上限を超えた場合は差額が請求されるようになっています。

 

修理費の上限

MVNO名 修理費上限
楽天モバイル 5万円まで
mineo 4万円まで
LINEモバイル 5万円まで
OCNモバイルONE 5万円まで
IIJmio 5万円まで

 

シム王様
このオプションに入っておくことによって水没や画面割れのときに修理の依頼も簡単になるし、格安で対応してくれるということじゃな
ネコ王子
落として画面を割ることが多いボクにはもってこいだ

 

同時申し込みが必須になっている場合もあり

こういった端末保証サービスの契約は、SIMカードと同時で申し込みが前提となっているMVNOと、契約後でも申し込みができるMVNOがあります。

MVNO名 申し込みからサービス開始まで
楽天モバイル 申し込み日の翌月1日から
mineo 申し込みから1ヶ月後(申し込み月は計算しない)
LINEモバイル 同時申し込み
OCNモバイルONE 申し込み日の10日後を含む月の翌月1日から
IIJmio 同時申し込み

LINEモバイルとIIJmioはSIMカード申し込みと同時申し込みが必須となっていますが、LINEモバイルは端末保証サービスが2017年1月18日より開始したため2017年2月17日まではすでに契約しているユーザーも申し込み可となっています。

シム王様
いつでも申し込みができるところもあるが、SIMカードの契約時と同時申し込みしかできないところもあるぞ
ネコ王子
そうなんだ…後から申し込みができないところもあるんだ…

 

mineoの「持ち込み安心保証サービス」

mineoの持ち込み端末安心保証サービスの場合、mineoの契約時に申し込む必要はありませんが、申し込みから1ヶ月間は保証対象外となります。

ネコ王子
なるほど申し込んでも依頼ができるのは最短で1ヶ月後ということか

 

 

OCNモバイルONE「安心保証」

申し込み日の10日後を含む月の翌月1日から利用可能。

 

シム王様
こちらも申し込んでからしばらくは依頼をすることができないようになっているが、後からでも申し込みができるようになっているな

 

楽天モバイル「つながる端末保証」

サービス申込日の翌月1日から利用可能

 

シム王様
基本的に申し込んですぐには依頼ができないから、壊しやすい人は事前に申し込んでおくのが安心ということじゃな

 

契約後でも端末保証サービスに申し込みできるMVNO

楽天モバイル

OCNモバイルONE

mineo

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

サポートが手厚く、初期設定サポートもやってもらえる!初めての格安SIMにオススメのMVNOは「mineo」

楽天ヘビーユーザーにはポイントが貯ってポイントで支払える「楽天モバイル」がおすすめ

格安SIMの料金比較で選びきれなかった人必見!魅力的なサービスを展開している5つのMVNOを紹介。

おすすめSIMランキング

格安SIMが安いのはわかるけど、たくさんありすぎてどこがいいのかわからない…

そんなアナタのために、おすすめの格安SIMを紹介します。

1位:LINEモバイル

LINE・Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSアプリがカウントフリー(無制限)で利用でき、カウントフリー対象のアプリは、通信速度制限がかかっても高速で利用可能。

また格安SIMの中でもトップクラスに通信速度が速いのも特徴。

2位:mineo(マイネオ)

コミュニティサイト「マイネ王」でわからないことを質問したり、フリータンクで毎月1GBデータを無料でもらえたりなど独自のサービスで人気の格安SIM。

全国にマイネオのショップもあるため、スマホに詳しくない方におすすめ。

3位:楽天モバイル

楽天のサービスで獲得した楽天スーパーポイントを利用してスマホの購入や楽天モバイルの支払いも可能。

もちろん楽天モバイルを利用した分のポイントも貯まります。楽天のサービスをたくさん利用している方におすすめ。

 

-比較
-, , ,

Copyright© iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え【SIMキング】 , 2017 AllRights Reserved.