格安スマホ

全部入り格安スマホ「arrows M04」の特徴とスペック紹介。最安で買えるMVNOはどこ?

更新日:

現在日本で発売されている格安スマホは海外製が多く、海外製の格安スマホには日本独自の機能である「防水対応」「ワンセグ」「おサイフケータイ」をほぼ搭載されていません。

ドコモなどの大手キャリアから販売される機種は海外製だとしても日本市場向けに開発されているため、これらの機能が追加され販売されているのですが、大手キャリアを解約し、楽天モバイルやLINEモバイルなどのMVNOで契約すると日本独自の機能を搭載したスマホを購入できる機会が減ってしまいます。

そこで注目を浴びている機種が、FUJITSU製の格安スマホ「arrows Mシリーズ」です。

前モデル「arrows M03」でも防水対応・ワンセグ・おサイフケータイに対応していましたが、2017年7月18日に発売される「arrows M04」でもそれらの機能を搭載し、さらに進化して発売されます。

シム王様
格安スマホで全部入りが必須な人にはarrows Mシリーズが非常に人気があるんじゃ。
ネコ王子
たしかに、おサイフケータイとかめっちゃ便利だもんな。格安スマホにしたとたんこの機能が使えなくなるのは困るし…
シム王様
ではarrows M04になってどんな進化をしたのかを紹介していくぞ。

 

 

arrows M04の特徴

arrows M04は前作と同じく「防水対応」「ワンセグ」「おサイフケータイ」を搭載しているのはもちろん、カメラ機能の向上、初めてスマホを利用する方にも優しい簡単モードの搭載など新たな機能が搭載されました。

 

カメラ

メイン:1310万画素、インカメラ:500万画素と前作M03と画素数では変わりはありませんが、画像処理エンジンGRANVUの進化、インカメラのフラッシュ機能などが追加されました。

 

より広い範囲が撮れる広角レンズに

インカメラではこれまで入りきれなかった部分もさらに拡大し撮影可能に、そしてメインカメラではF値2.0の高性能広角レンズで暗い場所での明るく撮影、そしてより広範囲で撮れるようになりました。

 

ゼロシャッターラグ

これまではシャッターを押してからシャッターが切れるまでのタイムラグがあったため、決定的瞬間を逃すことがありましたがarrows M04ではシャッターを押した瞬間にシャッターを切ることができるようになりました。

 

インカメラフラッシュ

カメラレンズの横にはライトが付いているため暗い場所での自撮りも明るい写真が撮れるようになりました。

 

ハンドソープで洗える防水性の高さと落下時に強い堅牢設計

米国国防総省が定めたMIL規格の23項目の耐久試験をクリアし、防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)性能でお風呂やキッチンでの利用はもちろん、アウトドアでの使用も可能。

 

MIL規格の23項目準拠

落下、衝撃、浸漬、粉塵(6時間風速有り)、粉塵(72時間)、塩水噴霧、湿度、太陽光照射(連続)、太陽光照射(湿度変化)、振動、風雨、雨滴、高温動作(60℃固定)、高温動作(32~49℃変化)、高温保管(70℃固定)、高温保管(30~60℃変化)、低温動作(-20℃固定)、熱衝撃、低温保管(-30℃固定)、低圧保管、低圧動作、氷結(-10℃氷結)、氷結(-10℃結露)に準拠した試験を実施。

充電可能な温度範囲:5~35℃。使用環境:温度5~40℃(ただし、36℃以上は風呂場などでの一時的な使用に限る)、湿度45~85%。風呂場では、温度は5℃~45℃、湿度は45~99%、使用時間は2時間以内の範囲。

 

画面の位置よりも保護フレームの方が0.3mm出っ張っているため、万が一画面から落としたとしても画面割れを防いでくれます。

 

シニアに優しい「かんたんセット」

よく利用するアプリや操作がわかりやすく表示され、ピンチアウト操作ができないスマホ対応のホームページでもズーム機能が利用できます。

 

シム王様
最近のスマホ専用サイトでは2本指で広げても拡大できないサイトが増えてきたが、arrows M04では常に右下にズーム機能が表示されているからどんな画面でもズームをすることができるぞ。

 

歩数計連動メール

毎日歩いた歩数を家族にメールで送信することで離れて暮らす家族にも安心の機能を搭載しています。

また、その日歩いた歩数や季節によって壁紙が変わるライブ壁紙にも対応。

 

新聞や雑誌が読みづらい場合の虫メガネとしても利用可

arrows M04に搭載しているカメラレンズを利用し、拡大鏡(虫メガネ)としても利用することができます。

 

迷惑電話対策機能あり

電話帳に登録していない番号から着信があった場合は迷惑電話のガイダンスが相手に流れ、牽制をするとともに会話を録音することも可能。

シム王様
さすが「らくらくスマホ」を作っているFUJITSUだけあってシニアに使いやすい仕様に変えることができるというのもarrows M04の特徴じゃな。
ネコ王子
常にこの画面ってわけじゃないんですか?
シム王様
一般的なAndroidとしての使い方もできるし、簡単セットでシニア向けのモードにも変更ができるってことじゃ。
ネコ王子
それは便利!

 

arrows M03とarrows M04のスペック比較

機種名 arrows M03 arrows M04
OS Android6.0 Android7.1.1
CPU MSM8916 1.2GHz (クアッドコア) MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB(SDカードスロットあり) 16GB(SDカードスロットあり)
カメラ メイン:1310万画素、インカメラ:500万画素 メイン:1310万画素、インカメラ:500万画素
SIMカードサイズ nanoSIM nanoSIM
ディスプレイ 5.0インチ 5.0インチ
バッテリー容量 2580mAh 2580mAh
サイズ(縦×横×厚さ) 144×72×7.8mm 144×71×8.0mm
質量 141g 148g
USBタイプ microUSB microUSB
その他機能 ワンセグ、防水対応、おサイフケータイ ワンセグ、防水対応、おサイフケータイ
一般販売価格 32,800円 34,800円

 

arrows M04がお得に買えるMVNO

MVNO名 一括 分割
楽天モバイル 32,800円 1,566円×24回
mineo 31,800円 1,325円×24回
IIJmio 32,800円 1,380円×24回
NifMo 31,112円 1,297円×24回
LINEモバイル 32,800円 -
BIGLOBE SIM - 1,490円×24回

こちらが各MVNOのarrows M04の販売価格です。価格だけで見るとNifMoが一番安く購入することができます。

 

 

シム王様
スペック自体はarrows M03とほとんど変わらないが価格もほぼ同じなので、これからarrows Mシリーズを買おうと思っている人は最新のOSを搭載しているM03の方が断然いいぞ。

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

失敗しない格安スマホの選び方と最新格安スマホおすすめ機種紹介

あまりおすすめできないけど1万円台で買えるからギリギリ許せる格安スマホ5選

HUAWEI P10シリーズの特徴・スペック比較。一番安く買えるMVNOはここだ!

-格安スマホ

Copyright© SIMキング|iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2017 AllRights Reserved.