DMMモバイル もしもシークス

ZenFone3のデュアルSIMを活かして格安SIMの無制限かけ放題を激安で利用する方法

更新日:

格安スマホの中でも非常に人気がある「ZenFone3」ですが、ZenFone3はSIMカードスロットが2ヶ所あり、2枚同時に利用することができます。

そのため、通話をするためのSIMカードは無制限かけ放題がある「もしもシークス」、データ通信をするのは格安SIMのデータプランで最安値の「DMMモバイル」という組み合わせで利用することで、無制限のかけ放題を利用しても激安でスマホを利用することができるのです。

 

ZenFone3はデュアルスタンバイ対応

デュアルスタンバイとは2枚のSIMカードが同時に利用できる機能のことです。これまでSIMカードスロットが2ヶ所あるスマホはたくさん発売されてきましたが、どちらか一方しかアクティブとはならず、手動で切り替えなければいけませんでした。

例えば海外によく行く方であれば、海外に行った時にSIM2をアクティブにし、帰国したらSIM1をアクティブにするという使い方ができ、わざわざSIMカードを挿し替える必要がないという点でしかメリットはありませんでした。

しかし、ZenFone3ではデュアルスタンバイに対応しているため、1枚目のSIMはかけ放題が利用できるSIMカード、2枚目はデータ通信プランが安いSIMカードを挿してどちらも同時に利用することができるようになります。

 

 

ネコ王子
これは凄いですね!2枚同時に使えるって知らなかった
シム王様
ZenFone3ではデュアルスタンバイに対応しているから、こういう芸当ができるんじゃ。
それから格安SIMにも唯一もしもシークスだけが無制限かけ放題プランがあるが、トータルで見ると少しだけ高くなってしまうから、データ通信プランの方は業界最安値のDMMモバイルにすると非常に安く利用することができるんじゃ
ネコ王子
なにその裏技!

 

無制限かけ放題がある「もしもシークス」だけで利用した場合の料金

かけ放題フル  通話プラン  データ容量:価格  合計
無制限かけ放題
1,800円

500MB付き
980円

 付けない  2,780円
 1GB:600円  3,380円
 3GB:1,200円  3,980円
 5GB:1,800円  4,580円
 7GB:2,400円  5,180円
 10GB:3,000円  5,780円

 

もしもシークスは無制限のかけ放題(1,800円)と通話プラン(980円)だけでも利用できますが、通話プランに付いてくるデータ容量は500MBと非常に少ないため、データ容量も追加しないとメインで利用するスマホでは物足りません。

そのため一般的に利用されているデータプランの3GBを追加すると合計で「3,980円」となります。

 

無制限かけ放題は「もしもシークス」データプランは「DMMモバイル」で利用した場合の料金

もしもシークス(通話プラン:SIM1) DMMモバイル(データプラン:SIM2) DMMモバイルデータ料金 合計
2,780円 ライト(速度200kbps) 440円 2,820円
1GB 480円 3,260円
2GB 770円 3,550円
3GB 850円 3,630円
5GB 1,210円 3,990円
7GB 1,860円 4,640円
8GB 1,980円 4,760円
10GB 2,190円 4,970円
15GB 3,280円 6,060円
20GB 3,980円 6,760円

 

3GBプランで合計するとその差額は350円とあまり変わりませんが、データ容量10GBで契約した場合は810円も月々節約することができます。

また、データプランはDMMモバイルを利用することで、大容量プランが選択できたり、選べる選択肢が増えるというメリットもあります。

 

ネコ王子
なるほど。3GBプランだったら350円しか変わらないけど、データ容量が増えるとだいぶ差が出てくるんだな
シム王様
月に350円とは言っても、年間にすると4,200円やすいということじゃからあなどれんぞ、それからもしもシークスは最大10GBまでしか選べないが、DMMモバイルは20GBまで選択できるという点も大きいぞ

 

ZenFone3で2枚のSIMカードを利用するデメリット

ZenFone3にはSIMカードスロットが2ヶ所あるのですが、microSDカードスロットと兼用になっているため、2枚のSIMカードを利用するとmicroSDカードが利用できなくなってしまいます。

また、デュアルスタンバイはSIM1で通話をしているときは、SIM2は利用できなくなるため、通話しながらネットを利用するということができません。ちなみに片方のSIMで通話しながら、もう片方のSIMでデータ通信ができるのは「デュアルアクティブ」といい、現在日本ではデュアルアクティブのスマホはまだ発売されていません。

 

ネコ王子
電話しながらネットが使えないのはそんなに頻度は多くないかもしれないけど痛いかもなぁ
シム王様
それとmicroSDカードも使えなくなるというのもデメリットとしてはあるから、料金を節約するのに便利さを引き換えにしないといけないという、なんとも世知辛い世の中じゃのう…

 

最後に

ZenFone3に2枚のSIMカードを目的別に契約して利用することで、格安で無制限かけ放題を利用できる方法を紹介しました。

これからデュアルアクティブのスマホが発売されたり、SDカードスロットとSIMカードスロットが完全に独立しているスマホが登場すれば全てが解決しますが、スマホの設計上難しいのかもしれません。

またZenFone3のSIMカードは「nanoSIMとmicroSIM」の異なるサイズとなっているため、格安SIMを契約する際にnanoSIMとmicroSIMを選択しなければいけません。どちらも同じサイズではないため注意が必要です。

 

・無制限かけ放題がある

もしもシークス

 

・格安SIM業界で最安

DMMモバイル

※DMMモバイルでZenFone3を同時購入することもできます

 

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

失敗しない格安スマホの選び方と最新格安スマホおすすめ4機種紹介

無制限かけ放題がなくて格安SIMを断念していた方に朗報!「もしもシークス」にはドコモの約半額で無制限のかけ放題が利用できます!

DMMモバイルの大容量プランが2月1日より値下げ。20GBプランは1,000円以上の値下げに!

おすすめSIMランキング

格安SIMが安いのはわかるけど、たくさんありすぎてどこがいいのかわからない…

そんなアナタのために、おすすめの格安SIMを紹介します。

1位:LINEモバイル

LINE・Twitter・Facebook・InstagramなどのSNSアプリがカウントフリー(無制限)で利用でき、カウントフリー対象のアプリは、通信速度制限がかかっても高速で利用可能。

また格安SIMの中でもトップクラスに通信速度が速いのも特徴。

2位:mineo(マイネオ)

コミュニティサイト「マイネ王」でわからないことを質問したり、フリータンクで毎月1GBデータを無料でもらえたりなど独自のサービスで人気の格安SIM。

全国にマイネオのショップもあるため、スマホに詳しくない方におすすめ。

3位:楽天モバイル

楽天のサービスで獲得した楽天スーパーポイントを利用してスマホの購入や楽天モバイルの支払いも可能。

もちろん楽天モバイルを利用した分のポイントも貯まります。楽天のサービスをたくさん利用している方におすすめ。

 

-DMMモバイル, もしもシークス
-,

Copyright© iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え【SIMキング】 , 2017 AllRights Reserved.