LINEモバイル

LINEモバイルをお得に申し込む方法・初期手数料・同時購入できるスマホまとめ

更新日:

LINEモバイルは申し込みの最初の月は基本料が無料で利用できるため、月初に申し込みをした方がお得になります。

また、ネットでの申し込みが不安な方は一部のビックカメラやヨドバシカメラでも申し込むことが可能です。

LINEモバイルの登録は3,000円、初月の基本料は無料

LINEモバイルに申し込みをする際に登録事務手数料3,000円、そしてSIMカード発行手数料400円が必要になりますが、申込日を含む初月の基本料は無料となります。

例えば、LINE・Twitter・Facebook・Instagramがカウントフリーとなる「音声通話付きのコミュニケーションフリープラン3GB」で契約した場合、基本料が「1,690円」となりますが、初月はこの1,690円が無料になります。

ただし、無料になるのは基本料のみのため、通話料は別途発生します。

初期費 料金
登録事務手数料 3,000円
SIMカード発行手数料 400円

 

シム王様
大手キャリアから乗換える場合、大手キャリアは解約月も1ヶ月丸々請求があるから、LINEモバイルは大手キャリアの支払いとLINEモバイルの支払いが2重にならないように初月無料にしてくれてるんじゃ。
ネコ王子
なんと優しさに溢れてる!
シム王様
ただし、申し込んだその月に解約すると料金は発生するし、電話をかけた分の通話料も無料ではないぞ!
ネコ王子
わかってるし!そんなこと当然だし!

 

LINEモバイルのプラン一覧

LINEフリープラン

 データ通信 音声通話+データ通信
 カウントフリー  LINE
 1GB 500円 1,200円
 +SMS +120円 無料

 

コミュニケーションフリープラン

 データ通信+SMS 音声通話+データ通信+SMS
 カウントフリー  LINE、Twitter、Facebook、Instagram
 3GB  1,110円 1,690円
 5GB  1,640円 2,220円
 7GB  2,300円 2,880円
 10GB  2,640円 3,220円

 

+MUSICプラン

 データ通信+SMS 音声通話+データ通信+SMS
 カウントフリー  LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC
 3GB  1,810円 2,390円
 5GB  2,140円 2,720円
 7GB  2,700円 3,280円
 10GB  2,940円 3,520円

 

LINEモバイルで同時購入できるスマホ

HUAWEI P10

HUAWEI P10はLeica(ライカ)と共同開発したカメラレンズを2つ搭載しているスマホで、最大の特徴がカメラの性能の良さです。

1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサーのダブルレンズでは、モノクロセンサーだけを使用したモノクロ撮影やフォーカスとぼかしを撮影時と撮影後に変更できる機能も搭載しています。

価格:65,800円

 

HUAWEI nova lite

HUAWEI nova liteは5.2インチのフルHD搭載でオクタコアというハイスペックCPU、そしてメモリ(RAM)も3GB搭載、背面には指紋認証も搭載しているため、ロック解除も背面に指を置くだけでらくらく解除ができます。

そして価格も19,900円とかなりのコスパに優れている機種です。

 

arrows M03

おサイフケータイ、防水対応、ワンセグと全部入りのスマホ

 

HUAWEI P9 lite

背面には指紋認証センサーがあるため、ロック解除のたびにパスワードやPINコードを入力する必要がありません。

また、1300万画素のSONY製IMX214イメージセンサーを搭載したカメラと大迫力のスピーカーが特徴。

 

ZenFone3

ZenFone3は格安スマホの中でもトップクラスのコスパを誇る機種です。カメラの性能、画面の綺麗さなど、どれをとっても10万円ほどする高額なスマホとほとんど変わらない性能となっています。

指紋認証でロック解除にも対応。

 

Blade E01

メモリRAM1GB、ROM8GBとかなり性能が低いため、あまりおすすめしないスマホです。

LINEやTwitterなどができればいいという人向け。ガッツリ使いたい人にはおすすめしません。

 

LINEモバイルで購入できるタブレット

HUAWEI MediaPad T2 7.0Pro

HUAWEI MediaPad T2 7.0Proは7.0インチ( 1920 x 1200ドット) の高解像度IPSディプレイを使用し、屋外では周りの明るさに合わせて明るさやコントラストを自動調整してくれる機能があり、電子書籍を読みやすいように視力保護モードでブルーライトを軽減してくれます。

価格は24,800円となっています。タブレットには珍しく音声通話も可能。

 

ネコ王子
この中ではどの機種がいいですか?
シム王様
やはり、ZenFone3じゃな。このスマホだったら間違いない。迷ったらこれ!という機種じゃな。
ZenFone3は少し高いから、もう少し安くて性能がいいのが欲しいというのであれば、HUAWEI nova lite。おサイフケータイが使いたい人はarrows M03がおすすめじゃ

 

スマホ・タブレットを購入する際は「端末保証」も付けておこう!

LINEモバイルには月額450円でLINEモバイルから購入したスマホやタブレットが故障した場合に修理対応してくれる「端末保証」があります。

1年に2回まで修理や交換の依頼ができ、1回目5,000円、2回目8,000円となります。よくスマホを壊してしまう方は端末保証を付けることをおすすめします。

また、LINEモバイル以外で購入したスマホやタブレットの場合は「持込端末保証:月額500円」のオプションがあります。

どちらもLINEモバイルと同時申し込み必須となっているため、LINEモバイル契約後にスマホが故障したから申し込みたいと思っても申込みができません。

 

シム王様
よくスマホを壊す人には必須のオプションじゃな

 

LINEモバイルの申し込み時に発生する料金まとめ

・登録事務手数料:3,000円、SIMカード手数料400円

・利用開始日を含む初月は基本料無料

・登録したその月に解約をすると基本料は無料にならない

・通話料は初月でも無料にならない

シム王様
初月は基本料が無料になるから、月末に契約するよりも月初に契約した方がお得ということじゃな
ネコ王子
あったしかに!

 

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

LINEモバイルって実際どうなの?特徴、価格、カウントフリーなどを徹底解説

LINEモバイルはデータ繰り越しと追加のデータ料について。カウントフリー対象のアプリは速度制限がかかっても高速で利用可能です

【格安SIMのデメリット】LINEの年齢認証ができない。格安SIMでLINEの年齢認証ができるのは「LINEモバイル」のみ

-LINEモバイル
-,

Copyright© SIMキング-iPhone / Androidを賢く格安SIMへ乗り換え , 2017 AllRights Reserved.